サステナビリティファイナンス

グリーンボンド原則とソーシャルボンド原則の両方に適合するプロジェクトを使途とする資金調達はサステナビリティファイナンスと呼ばれています。発行体のサステナビリティ・パフォーマンスの向上と調達条件をリンクさせる債券やローン、あるいは企業活動全体のSDGsへの取り組みに借り手と貸し手の双方がコミットするポジティブ・インパクト・ファイナンスなど資金使途を特定しない手法も広がっています。R&Iは環境保全または社会貢献のどちらか一方に限定されないSDGs/ESG金融に関する各種原則等との適合性にセカンドオピニオンを提供します。

*1 プロジェクトボンドのスポンサー、証券化商品のオリジネーター等を含みます。
*2 環境省グリーンボンド発効促進体制整備支援事業補助金の交付対象

公表日 発行体等*1 案件等 資金使途 評価 発行額
(億円)
直近モニタリング実施日 補助金対象*2
2020/05/13 東京地下鉄株式会社 東京地下鉄 サステナビリティボンド・フレームワーク クリーン輸送/気候変動への適応/再生可能エネルギー/手ごろな価格の基本的インフラ設備 オピニオンpdf - - -
2020/04/10 株式会社リコー 株式会社リコー サステナビリティ・リンク・ローン - オピニオンpdf 100 - -
2019/12/03 東日本旅客鉄道株式会社 東日本旅客鉄道株式会社サステナビリティボンド・フレームワーク クリーン輸送/気候変動への適応/手ごろな価格の基本的インフラ設備 オピニオンpdf - - -
2019/06/14 株式会社大林組 株式会社大林組 第24回無担保社債(大林組サステナビリティボンド) グリーンビルディング/再生可能エネルギー/必要不可欠なサービス オピニオンpdf 100 2020/06/30 -
2019/03/07 株式会社アシックス 株式会社アシックス 第2回無担保社債(アシックス サステナビリティボンド) 高環境効率・環境適応商品、環境配慮生産技術・プロセス/エネルギー効率/再生可能エネルギー/汚染の防止及び管理/必要不可欠なサービス/社会経済的向上とエンパワーメント オピニオンpdf 200 2020/03/31 -
お問い合わせ

グリーンボンド等の評価は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定される関連業務(信用格付業以外の業務であって、信用格付行為に関連する業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置と、信用格付と誤認されることを防止するための措置が法令上要請されています