ESG

ESG情報の分析を強化

環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の要素を考慮するESG投資が広がる中、R&IはESG情報の分析、発信体制を強化しています。日本の格付会社としては初めて、グリーンボンドの外部評価となる「R&Iグリーンボンドアセスメント」を開始したほか、国連がサポートする責任投資原則(PRI)「格付声明」の署名会社として、信用格付とESG要素の関係をより深く研究し、体系的に説明できる枠組みの構築に努めています。こうした取り組みを通じて「持続可能な社会」の実現に貢献していきたいと考えています。

R&Iグリーンボンドアセスメントはこちら
お知らせ
リポート等

R&Iグリーンボンドアセスメントは、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定される関連業務(信用格付業以外の業務であって、信用格付行為に関連する業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置と、信用格付と誤認されることを防止するための措置が法令上要請されています。