格付符号と定義

R&Iは、信用格付業務基本方針pdfに則り、格付符号を以下の通り定義し、信用格付業務を行っております。なお、ファンド信用格付の格付符号の定義は、「格付付与方針(ファンド信用格付)」を参照ください。

発行体格付

発行体格付は、発行体が負うすべての金融債務についての総合的な債務履行能力に対するR&Iの意見です。発行体格付は、原則としてすべての発行体に付与します。

AAA 信用力は最も高く、多くの優れた要素がある。
AA 信用力は極めて高く、優れた要素がある。
A 信用力は高く、部分的に優れた要素がある。
BBB 信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。
BB 信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある。
B 信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある。
CCC 信用力に重大な問題があり、金融債務が不履行に陥る懸念が強い。
CC 発行体のすべての金融債務が不履行に陥る懸念が強い。
D 発行体のすべての金融債務が不履行に陥っているとR&Iが判断する格付。

「プラス(+)、マイナス(-)表示」

AA格からCCC格については、上位格に近いものにプラス、下位格に近いものにマイナスの表示をすることがあります。プラス、マイナスも符号の一部です。

長期個別債務格付

長期個別債務格付は、個々の債務等が約定通りに履行される確実性についてのR&Iの意見です。長期個別債務格付は、債務不履行となる可能性に加えて回収の可能性(債務不履行時の損失の可能性)も評価します。そのため、発行体格付を下回る、または上回ることがあります。
なお、格付対象がMTNプログラムや発行登録の場合も長期個別債務格付の定義を使用します。
ストラクチャードファイナンス商品の符号の定義は、CCC、CC、Cにある「債務不履行」に「支払い不足」を含みます。

AAA 信用力は最も高く、多くの優れた要素がある。
AA 信用力は極めて高く、優れた要素がある。
A 信用力は高く、部分的に優れた要素がある。
BBB 信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。
BB 信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある。
B 信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある。
CCC 債務不履行に陥っているか、またはその懸念が強い。債務不履行に陥った債権は回収が十分には見込めない可能性がある。
CC 債務不履行に陥っているか、またはその懸念が極めて強い。債務不履行に陥った債権は回収がある程度しか見込めない。
C 債務不履行に陥っており、債権の回収もほとんど見込めない。

「プラス(+)、マイナス(-)表示」

AA格からCCC格については、上位格に近いものにプラス、下位格に近いものにマイナスの表示をすることがあります。なお、CC格では、契約の内容や回収の可能性などを反映し、長期個別債務格付を発行体格付と異なる符号にする場合、プラス、マイナスを付けることがあります。プラス、マイナスも符号の一部です。

短期格付

短期格付は、短期の金融債務が約定通りに履行される確実性についてのR&Iの意見です。短期格付は、コマーシャルペーパーなどの短期プログラムや短期金融債務の支払能力などに付与します。

a-1 短期債務履行の確実性は高い。
a-2 短期債務履行の確実性は高いが、上位の格付に比べると、注意すべき要素がある。
a-3 短期債務履行の確実性は当面問題ないが、環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。
b 短期債務履行の確実性はa格と同等ではなく、注意すべき要素がある。
c 最低位の格付で、債務不履行に陥っているか、またはその懸念が極めて強い。
「プラス(+)表示」

a-1に属するもののうち、短期債務履行の確実性が特に高いものにプラスの表示を使用することがあります。プラスも符号の一部です。

保険金支払能力

保険金支払能力に対する信用格付は、保険会社の保険債務が約定通りに履行される確実性についてのR&Iの意見です。個々の保険契約に関する意見ではありません。

AAA 保険金支払能力は最も高く、多くの優れた要素がある。
AA 保険金支払能力は極めて高く、優れた要素がある。
A 保険金支払能力は高く、部分的に優れた要素がある。
BBB 保険金支払能力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。
BB 保険金支払能力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある。
B 保険金支払能力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある。
CCC 保険金支払不能に陥っているか、またはその懸念が強い。支払不能に陥った保険金は回収が十分には見込めない可能性がある。
CC 保険金支払不能に陥っているか、またはその懸念が極めて強い。支払不能に陥った保険金は回収がある程度しか見込めない。
C 保険金支払不能に陥っており、保険金の回収もほとんど見込めない。

「プラス(+)、マイナス(−)表示」

AA格からCCC格については、上位格に近いものにプラス、下位格に近いものにマイナスの表示をすることがあります。プラス、マイナスも符号の一部です。

* 添え字

‘op’
R&Iは格付関係者の依頼によらず、R&Iの判断で信用格付を付与することがあります。依頼に基づく信用格付と同じ符号を用いますが、依頼に基づく信用格付と区別するために、ソブリン等に付与したものを除き、非依頼の信用格付を示す添え字として符号の末尾に‘op’を付します。

格付の方向性

「格付の方向性」は、発行体格付および保険金支払能力の中期的な方向性についてのR&Iの意見です。「格付の方向性」には、「ポジティブ」、「ネガティブ」、「安定的」および「方向性未定」があります。
「格付の方向性」を「ポジティブ」あるいは「ネガティブ」としても、符号の変更を予告するものではありません。「ポジティブ」、「ネガティブ」のいずれでもない場合「安定的」としますが、状況によっては、「格付の方向性」の変更なしに符号を変更することがあります。また、ポジティブ、ネガティブ、安定的のいずれの可能性もある場合、限定的に「方向性未定」とすることがあります。
発行体格付または保険金支払能力が「CCC格」以下では、「格付の方向性」を付与しない場合があります。また「レーティング・モニター指定」から「レーティング・モニター解除」までの期間は、「格付の方向性」は示しません。

レーティング・モニター

レーティング・モニターは、符号を変更する可能性があるとR&Iが判断し、臨時に符号の見直しを実施していることを示すものです。レーティング・モニターには「格上げ方向」、「格下げ方向」および「方向は未定」があります。レーティング・モニターの対象として見直しを実施している期間は、符号に( )をつけて表示します。なお、信用力に影響を与える可能性がある事象が生じていることを表すため、符号変更の可能性の有無にかかわらず、レーティング・モニター(方向は未定)を用いることがあります。
該当する事例として、合併、買収、資本参加など、経営に重大な影響を与える事象の発生や、業績の急変、事業環境の無視できない変化などがあります。見直しに要する期間は、通常短期間ですが、レーティング・モニターに指定した理由によっては、比較的長期間にわたることもあります。

格上げ方向:格上げの可能性があることを示します。
格下げ方向:格下げの可能性があることを示します。
方向は未定:格上げ、格下げのいずれの可能性もあることを示します。