ファンド情報のサービス紹介/無料試読/お申し込み

資産運用と金融商品の専門誌

一般のメディアでは扱わない高度な専門情報を提供する「資産運用」と「金融商品」の専門誌です。
投資信託やファンドラップ、保険といった個人向けの金融商品・サービスのトレンドから、細かな販売面での工夫、NISAやiDeCoといった税優遇制度の改正点、金融商品販売に対する金融庁のスタンスまで幅広く取り上げます。「顧客本位の業務運営」を目指す金融プロフェッショナルにとって 、必読の書です。

特徴

  • 専門記者が情報発掘。裾野拡大や残高重視の成功事例を紹介
    経験豊富な専門記者が販売会社を徹底取材し、掘り下げた情報を発信します。
    新規開拓や残高拡大に成功した販売会社・支店の商品戦略、販売手法、人材育成、評価体系などの工夫を特集します。
  • 人気商品のトレンド分析、販売現場の調査も
    有力な銀行や証券会社、地域金融機関の販売動向を四半期ごとに特集し、いま何が売れているか、どのように売っているかを多角的に分析します。
    金融機関の本部だけでなく、販売最前線の支店などにも足を運び、どのような営業が実施されているかをヒアリングします
  • ヒット商品を徹底分析
    販売好調な商品をタイムリーに取り上げ、商品の特徴、販売現場の工夫、資産運用会社の販売サポート策などを取り上げます。
    商品採用を検討する際の参考情報となる目論見書や月次報告書からは得られない情報を豊富に盛り込みます。
  • 「投信会社満足度調査」を毎年実施
    販売会社の投信会社(=資産運用会社)に対する満足度を毎年アンケートし、集計結果を特集記事として取り上げます。
    「証券会社」「銀行」「残高上位の販売会社」といった業態別にカテゴリー分けした満足度も詳報します。
  • 金融庁など行政の最新情報
    一般紙・メディアでは知ることのできない行政方針等の細部を特報します。
  • 税優遇制度の最新情報
    NISAやiDeCoなど新設や拡充が相次ぐ税優遇制度を整理し、制度変更の最前線を追いかけます。
  • 資産運用・金融ビジネスの専門家が連載
    事情通の専門家が連載を執筆し、商品・販売・制度を多角的に解説します。金融庁の担当者からの寄稿も随時掲載します。
  • 業界の舞台裏を赤裸々に
    座談会方式で、専門記者が腹蔵なく本音トーク。業界で今起きていることの深層に迫ります。

ご利用料金

A4変型、毎号40ページ前後
毎月第2・第4月曜日発行(年間24冊+増刊号)
年間予約購読制、年間購読料:92,400円(税抜価格84,000円)

バックナンバー

最新記事のサンプル

No.361 表紙・スペシャル-金融庁 松尾氏pdf
No.361 スペシャル-金融庁 井藤氏pdf
No.361 ニュース&フラッシュpdf
No.361 資金純増額pdf
No.361 コンフィデンシャルpdf

無料試読/購読お申込み
お問い合わせ