ファンド情報 目次リリース 2011年

No.115 ( 2011年12月26日 )

  
■ファンド情報 No.115(2011年12月26日)
スペシャル
販売会社のキーパーソンに聞く
逆風下の投信販売、注目販社はこう動く
野村、いちよし、近畿大阪、広島信金

【注目販社の投信販売戦略】
(1) 野村証券 「カバードコール戦略」や「アジア」関連を強化
(2) いちよし証券 ベース資産を拡大、中小型株を早期200億円に
(3) 近畿大阪銀行 行内大学で販売担当者を徹底教育 
(4) 広島信用金庫 新商品を段階的に販売、為替ヘッジに着手 

■インサイト
逆流する「貯蓄から投資へ」 
興和不動産投資顧問 顧問 山本 茂 

■金融マーケティング
三菱UFJ信託、相続など分野横断の「総資産営業」人材を育成
近畿大阪銀、「円建て社債投信」が売れ筋1位に浮上
第四銀で為替ヘッジ付きの「野村新興国債券投信」が売れ筋に
東洋証、単位型日本株投信など値上がり期待に応える商品拡充
日興アセット、ファンドアカデミー大阪校を開校
「成長の種探し」でカムフラージュしたオリンパス

■調査
第5回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(5) 
証券会社からの評価

■為替研究
長い目でみた為替の話 第4回
購買力平価の理論値と外貨金利で説明できる

■海外特約
不安定な市場環境、米国の富裕層に打撃

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年11月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年11月の国内公募投信
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年11月末)
             
■コンフィデンシャル
金融庁が通貨選択型の規制強化
判断割れる「円コース」 高分配排除の深謀遠慮? 

             

No.114 ( 2011年12月12日 )

   
■ファンド情報 No.114(2011年12月12日)
スペシャル
欧州危機で迫られる顧客管理
市況急変を好機に変えるアフターフォロー
担当者個人の力を生かし、顧客の信頼を獲得

【アフターフォローのポイント】
(1) 最初は損失を多めに伝え、選択肢を示す
(2) 販社が状況を説明するセミナーを開く
(3) 顧客が判断できる目安を提示する 
(4) 現場の "フォロー力" を生かす

■インサイト
有配当定額年金に再び脚光か バームスコーポレーション 代表 杉山 明

■金融マーケティング
三菱UFJモルガン、グローバルCB投信を投入 
十六銀で「コーポレート・ボンド・インカム」が売れ筋に浮上 
光証券、10月から投資信託の販売を開始
[金融庁が監督指針の改正案] 大手販社は「想定の範囲内」、円コースの扱いに関心
メットライフアリコ、一時払い終身保険の販社が増加
大型保険ショップにスパイ殺到、保険は店舗で買う時代へ
[インタビュー] 野村アセットの林真由美・金融法人マーケティング部マネージャー

■調査I
第5回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(4) 
銀行からの評価 

■保険新分野
「第3分野」保険を極める 第6回 
私的介護、「使い勝手の良さ」で公的介護を補完

■調査II
国内銀行の預金・貸出金動向(2011年10月末) 
預貸ギャップが217兆円弱、預価率は65.3%

■保険比較
窓販保険商品の比較講座(最終回) 
外貨建て終身、「遺産を減らさない」など3つの活用法

■海外特約
メリルとモルガン・スタンレー、ブローカーチームを "交換"

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年10月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年10月末)
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年10月)
             
■コンフィデンシャル
高い目標と厳しい環境に悩める地銀
規制強化で「通貨選択型」断念も 逆境で販売実績に格差

             

No.113 ( 2011年11月28日 )

   
■ファンド情報 No.113(2011年11月28日)
スペシャル
[詳報] 売れ筋投信調査(有力地域金融機関編)
急減する販売額、保険シフト鮮明に
頭角現す「フォーシーズン」の実力

<地銀窓販のトレンド>
(1)8月以降、投信販売額が右肩下がり
(2)豪ドル債投信が売れ筋に生き残り
(3)保険好調も、迫る主力商品の利率下げ 
(4)ヘッジ付き外債やアジア債の検討広がる

■ベルジアン・デンティスト
ダーリアンに移せ!

■金融マーケティング
野村証、50、60歳代女性客に5年満期80%保証の変額年金
SMBC日興証、新興国中小型株投信を初の対面販売
いちよし証、中堅7社共同で「復興ファンド」募集 
東証・大証合併が遅らせる証券会社再編
[インタビュー] 大和住銀の苦瓜達郎・株式運用部シニアファンド・マネージャー

■調査
第5回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(3) 
すべての販社からの評価

■為替研究
長い目でみた為替の話 第3回 
長期的トレンドと短中期的サイクルで説明できる

■人材開発
売れる店づくり人づくり(7)――販売完了はフォローアップの始まり

■海外特約
米証券「転職時顧客情報持ち出し」協定から撤退増

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年10月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年10月の国内公募投信
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年10月末)
             
■コンフィデンシャル
欧州危機で苦悩する大手販社
増殖するリーマン知らない販売員 当局が称えた"やせ我慢の美学"

             

No.112 ( 2011年11月14日 )

   
■ファンド情報 No.112(2011年11月14日)
スペシャル
売れ筋投信調査(証券/大手銀行/信託銀行編)
リーマンショック以来の試練 手探りの大手販社
業界が注目、みずほ証券の分配金新戦略

【売れ筋投信のポイント】
(1) 分配金額を提示する投信が登場
(2) ヘッジファンドが最大の設定額
(3) 豪ドルコースのシェアが拡大 
(4) 円コースへの注目度高まる

■ベルジアン・デンティスト
巨象のチキンレース

■速報
「売れ筋投信調査」2011年7~9月(地域金融機関編)

■金融マーケティング
「ラサール・グローバルREIT」、08年1月以来の流出超
エース証、レアルから円コースへのスイッチング提案 
中国銀、12年中ごろをメドに「ネット支店」開設 
大和投信の「日本国債F」、設定来36カ月連続で流入超 
[インタビュー] 日興アセット・マーケティング部長 
[インタビュー] シュローダー・新興国市場プロダクトマネジャー

■調査I
第5回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(2) 
「採用・追加したい」投信会社

■調査II
国内銀行の預金・貸出金動向(2011年9月末)
預貸ギャップが216兆円に、預貸率は65.6%

■保険新分野
「第3分野」保険を極める 第5回 
医療保険、保障に加え「資産を守る」機能も

■海外特約
「ウォール街を占拠せよ」は終わりか始まりか? 
「ETFの業界基準、改善を」業界の巨人吠える

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年9月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年9月末) 
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年9月)
             
■コンフィデンシャル
ユーロ危機下の投信販売
リーマン・大震災より売れない! 地銀の活路は「低リスク」商品か

             

No.111 ( 2011年10月24日 )

   
■ファンド情報 No.111(2011年10月24日)
スペシャル
第5回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(1)
国際が総合首位を奪回、日興は大手販社が高評価
圧勝する投信会社が姿を消し、混戦模様に

【投信会社満足度調査 各項目のポイント】
(1)販社サポート力--国際投信に引き続き、高い評価
(2)運用能力の信頼感--JPモルガンなど外資系の優位続く
(3)商品企画力・開発力--日興アセットに大手販社の支持 
(4)分配の透明性など--ユービーエス・グローバルが急浮上 

■インサイト
個人間で拡大必至の年金・保険ニーズ
オリバーワイマングループ 日本代表 富樫直記

■速報
「売れ筋投信調査」2011年7~9月(大手販社編)

■金融マーケティング
京都銀、為替ヘッジ付き債券投信を戦略商品に
紀陽銀、インターネットで投信の販売を開始
丸三証、「PIMCO ニューワールド円インカムF」など4本が計830億円
三菱UFJ投信、「eMAXIS」のバランス型を投入
大和投信の「日本国債F」、9月販売額が200億円超
金融庁、保険窓販の売れ過ぎを警戒

■為替研究
長い目でみた為替の話 第2回
為替水準は物価で説明できる 

■海外特約
高所得者層をいら立たせるオバマ増税案 
NASAAと議会、監督権限巡りさやあて

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年9月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年9月の国内公募投信 
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年9月末)
             
■コンフィデンシャル
暗転したレアル依存の窓販体制
「分配金利回り」信奉に変調 独自路線の販社が円ブーム先取り

             

No.110 ( 2011年10月10日 )

   
■ファンド情報 No.110(2011年10月10日)
スペシャル
地銀窓販の重要課題「投信顧客の裾野拡大」
未開拓「資産形成層」市場を攻略せよ
滋賀銀行と荘内銀行の新たな挑戦

<滋賀銀行> 
戦略商品:ターゲットイヤー型投信 
アプローチの特徴: (1) 職域営業で投資教育セミナー  (2) 書籍「女子の幸福論」を活用 

<荘内銀行>
戦略商品:ノーロードのインデックス型投信
アプローチの特徴:(1) 「ネット専用」かつ「積み立て専用」 (2) 月1000円から積み立て可能に 

■ベルジアン・デンティスト
投信業界人の純粋と限界

■金融マーケティング
いちよし証、9月の投信販売額が過去最高に 
神奈川県信連、「遺言信託」の専門部隊を拡充 
インターネット証券4社、専用ファンド第2弾の3本を選定 
アリアンツ生命、全保険商品の新規取り扱いを休止
大和証券が求める三井生命の出口 
[インタビュー] マン・グループ・CEO「ヘッジファンドを個人にも身近な商品に」

■調査
国内銀行の預金・貸出金動向(2011年8月末)
国内銀行の預貸ギャップ218兆円、年間14兆円拡大 

■保険比較
窓販保険商品の比較講座(5)
外貨定額年金、リーマン以降「運用売り」の主力に

■保険新分野
「第3分野」保険を極める 第4回
医療保険、定年後に急上昇する入院確率 理想は終身保障

■海外特約
いまだ色褪せない金投資
保険会社、今度はしっかりした基盤を確保

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年8月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年8月末)  
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年8月)
             
■コンフィデンシャル
金融機関が虎視眈々と狙う遺言信託
相続対策にローンも視野に 「復興需要」を突破口に新規参入?

             

No.109 ( 2011年09月26日 )

   
■ファンド情報 No.109(2011年9月26日)
スペシャル
商業銀行の「遺言信託」
りそな・三井住友、体制拡充で成果が急拡大
必要なのは「総合人材」か「分業制」か

【遺言信託のポイント】
(1) 相続税を切り口に件数を拡大するりそな銀行
(2) 保険商品の保有者をターゲットに提案する三井住友銀行
(3) 信託商品で富裕層を新規開拓する千葉銀行

■ベルジアン・デンティスト
「投信第2幕」の真ん中銘柄

■金融マーケティング
野村証、藤沢支店のセミナーに個人顧客が660人参加
栃木銀、投信の積み立てサービスが好調 
武蔵野銀のネット投信販売、前年実績を大幅超 
琉球銀、8月の投信販売額がリーマンショック前の水準を回復
新光投信、「フロンティア・ワールド・インカム」の提案強化
誰が買うのか郵政株、6兆円の皮算用

■人材開発
売れる店づくり人づくり(6)――外部研修の効用
ノウハウの共有、ライバル心を刺激する機会 

■富裕層
「超」富裕層ビジネス――その傾向と対策(最終回) 
ファミリーオフィスが必要とされる理由

■為替研究
長い目でみた為替の話 第1回 
円高トレンドの寿命とドル円為替レートの歴史

■海外特約
約束通りの運用成果示す「どこでも投資ファンド」

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年8月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年8月の国内公募投信 
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年8月末) 
             
■コンフィデンシャル
潜行するネット証券4社共同プロジェクト
実は強気の第2弾専用投信、ブロガーの不評よそに好機待つ

             

No.108 ( 2011年09月12日 )

   
■ファンド情報 No.108(2011年9月12日)
スペシャル
保険窓販 "ライフプラン活用" の真実
"単品商品売り" 脱却、販売現場の改革促す
住宅ローン販売と連携、「家計見直し」提案

【保険窓販 "ライフプラン活用" のポイント】
(1) 販売の手法を変えるツール
(2) 「定期保険の9割以上が複数契約」りそな銀
(3) 「資産運用全般で活用目指す」琉球銀 
(4) ライフプランやめ「お金の相談会」イオン銀

■インサイト
米国版「顧客の創造」に学べ
ポートフォリア 代表 立田博司

■金融マーケティング
八十二銀、「資源」テーマの投信を拡充 
佐賀銀、女性の投信販売担当者を80人に増員
日興アセット「フォーシーズン」、地銀の採用相次ぐ 
新光投信、顧客が分配金を選ぶ投信を提供
ビルの環境・耐震性能などを評価、格付制度がスタートへ
[インタビュー] JPモルガン・アセット 中鉢勝・投資信託部部長に聞く

■保険比較
窓販保険商品の比較講座(4)
変額終身保険、「相続対策」がセールスポイント 

■保険新分野
「第3分野」保険を極める 第3回
がん保険、通院ニーズにシフト 法人は保険料が損金計上

■調査
国内銀行の預金・貸出金動向(2011年7月末)
国内銀行の預貸ギャップ217兆円、年間15兆円拡大

■海外特約
米会計検査院による「一時払い年金」の "宣伝" を歓迎するFA 
冷静を保つ「プレリタイアーズ」

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年7月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年7月末) 
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年7月) 
             
■コンフィデンシャル
販社が求める保険会社の営業担当者
帯同訪問や業績貢献は当たり前? 二人三脚でしのぐ現場

             

No.107 ( 2011年08月22日 )

   
■ファンド情報 No.107(2011年8月22日)
スペシャル
[詳報] 売れ筋投信調査(有力地域金融機関編)
REIT投信ブームの最中、再び相場が急変
横浜銀は「負けにくい資産づくり」を標榜

【地銀の投信販売のトレンド】
(1) 独走するREIT投信、相場の混乱に直面
(2) 広島銀、世界の高配当株で運用する通貨選択型
(3) 西日本シティ銀で「フォーシーズン」が首位に
(4) 横浜銀、国や資産などカテゴリーの拡充に重点

■インサイト
地銀証券子会社の将来負担 
シティグループ証券 クレジット・スペシャリスト 高橋克英

■金融マーケティング
住友信託、「アジア」に着目した投信を拡充 
みずほ信託、ポートフォリオのリバランスを提案 
ゆうちょ銀、「フォーシーズン」など4投信をネット販売 
イオン銀、初心者向けパンフ「おかねの上手な活用術」作成 
"アラサー" 向けマネー本「女子の幸福論」がベストセラー 

■人材開発
売れる店づくり人づくり(5)――ベテラン行員の活用について
ベテランだから分かる投信購入者の目線 

■富裕層
「超」富裕層ビジネス――その傾向と対策(19)
ファミリービジネスの誤解を解く 欧米流の「ファミリー力」再評価

■調査
国内銀行の預金・貸出金動向(2011年6月末) 
地銀の預貸率が70%切る メガバンクなども急落

■海外特約
マドフ事件の余波、コスト負担迫られるブローカー・ディーラー

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年7月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年7月の国内公募投信 
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年7月末) 
             
■コンフィデンシャル
[大手証券] 減益決算で販売戦略は変わるか
「進む」大和に「立ち止まる」野村 新規開拓は投信より債券?

             

No.106 ( 2011年08月08日 )

   
■ファンド情報 No.106(2011年8月8日)
スペシャル
売れ筋投信調査(証券/大手銀行/信託銀行編)
岐路に立つ各社、売れ筋の "潮目" は変わるか
原点回帰の野村、時流に乗る大和

【売れ筋投信のポイント】
(1) 野村証が低分配の債券投信を投入
(2) 大和証、REIT投信販売額が前期比6倍に
(3) 三井住友銀の米国REITが分配金上げ
(4) りそな銀、単位型で初心者を開拓

■インサイト
普通預金課税で「貯蓄から投資へ」 
日本経済研究センター 主任研究員 前田昌孝

■速報
「売れ筋投信調査」2011年4~6月 (地域金融機関編)
           
■金融マーケティング
フィデリティ証、15年までに預かり資産3倍目指す
国際投信がネット戦略強化、「ワールド・リート」がヒット商品
フランクリン・テンプルトン、「世界債券ファンド」を地銀に提案
マニュライフ、"健全分配" の「新グローバル配当株ファンド」を千葉銀など採用
野村信託、投信会社の事務受託ビジネスを本格化
[インタビュー]ニッセイアセット 「次世代医療ファンド」運用担当者に聞く
[インタビュー]シュローダー 吉原秀俊・投資信託営業部部長に聞く

■保険比較
窓販保険商品の比較講座(3) 
「ターゲット型変額年金」積立期間短縮で人気商品に

■保険新分野
「第3分野」保険を極める 第2回 広がり見せる「がん保険」の常識と落とし穴

■海外特約
売却先見極めるモルガン・キーガンのブローカー
LPL、セキュリティー・アメリカのトップアドバイザー獲得に躍起 

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年6月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年6月末) 
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年6月) 
             
■コンフィデンシャル
投信会社が鍛える販社の底力
引く手あまたの人材育成支援 「中計」作りの相談役も期待

             

No.105 ( 2011年07月25日 )

   
■ファンド情報 No.105(2011年7月25日)
スペシャルI
分配ニーズに応える
どうする分配金の説明、目論見書で必須に
「分配金利回り」から"分配の質" へ軸足も

【分配ニーズで売るポイント】
(1)目論見書で分配金の説明が不可欠に
(2)安定した分配が可能か顧客の判断材料を提供
(3)高い分配ニーズにREITか通貨選択型か
(4)インカムだけでなくキャピタルゲインに焦点も

■ベルジアン・デンティスト
ウォレット・シェア

■スペシャルII
中国銀行グループの資産運用ビジネス 中銀アセットが投信業務

■速報
「売れ筋投信調査」2011年4~6月 (証券/大手銀行/信託銀行)
           
■金融マーケティング
埼玉りそな銀、単位型投信で新規顧客を開拓
京都銀、6月の投信販売額が3年ぶり50億円超
みなと銀、6月の投信口座開設数が過去最高に
電通国際情報サービス、ネット投信システムを地銀に提供
[インタビュー] 三井住友アセット香港ファンドマネジャーに聞く

■人材開発
売れる店づくり人づくり(4)──成績不振の販売員を戦力化 
ボトムアップ作戦が得意なホールセラーを探す

■富裕層
「超」富裕層ビジネス──その傾向と対策(18) 
ファミリービジネスの弱みは「子弟教育」で

■海外特約
地方債ファンドからの資金流出が減少傾向に 

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年6月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング──2011年6月の国内公募投信
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年6月末) 
             
■コンフィデンシャル
相場観がものを言った大震災後の投信窓販
「乗り換え販売」に支店長反論 残高を増やした売却提案

             

No.104 ( 2011年07月11日 )

   
■ファンド情報 No.104(2011年7月11日)
スペシャルI
拡大する地方銀行のネット投信販売
「ネット強豪地銀」が仕掛ける次の一手
西日本シティ銀、中国銀、広島銀の新戦略

【有力行によるネット投信販売の取り組み】
(1) 西日本シティ銀行・・・ネット販売シェア6割近く目指す、「50%割引」見直しへ
(2) 中国銀行・・・キャンペーンで割引率を30%に拡大、若年層取り込みも狙う
(3) 広島銀行・・・「店頭よりも使いやすい」サービス、ポート構築支援を研究

■インサイト
日本のクレジット見通し、東電が重要な位置付けに
バークレイズ・キャピタル 江夏あかね

■スペシャルII
[販売会社の研究 住友信託銀行]
非「高分配」が売れ筋、1人当たり販売額で業界首位
           
■金融マーケティング
中央三井信託、個人信託の受託実績が前年度比4倍に 
いちよし証、「人民元建て債券ファンド」を採用 
足利銀、アジアREIT投信を採用 アジア関連を強化へ 
野村アセット、iPadで販売員向けに情報提供 
[インタビュー] パインブリッジ・インベストメンツ 杉浦和也・社長に聞く 

■保険比較
窓販保険商品の比較講座(2) 
「年金原資保証型変額年金」"運用売り" 商品の保証性がヒット

■調査
国内銀行の預金・貸出金動向(2011年5月末)
国内銀行の預貸ギャップ、223兆円に

■保険新分野
「第3分野」保険を極める 第1回 「第3分野」と銀行窓販の悩ましさ 

■海外特約
バンカメからの独立はブラックロックにとって絶好のチャンスか 
SECの成功報酬規制がアドバイザーに与える影響

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年5月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年5月末)
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年5月) 
             
■コンフィデンシャル
雲行き怪しい地銀の投信販売事情
販売5割増でも残高横ばい 解約より痛い証券の大口顧客奪取!

             

No.103 ( 2011年06月27日 )

   
■ファンド情報 No.103(2011年6月27日)
スペシャル
大手信託銀行の遺言信託
自力で伸びる中央三井、住友 vs 基盤を生かす三菱UFJ、みずほ
年間50兆円の"成長市場" をめぐる攻防

[遺言信託のポイント]
(1) メガバンクとの連携で件数を伸ばす三菱UFJ、みずほ
(2) 中央三井、支店の評価に遺言を組み入れ拡大
(3) 住友、遺言から派生する投信販売が急増

■インサイト
「売った後のアドバイス」が問われる通貨選択型 
IFA JAPAN ファンドアナリスト 吉井崇裕
           
■金融マーケティング
千葉銀、コンサル営業部を資産運用サポート部に衣替え 
中国銀、PCA「グローイング・アジア株式」を投入 
紀陽銀、米国REITや国内株投信を投入
損保ジャパン日本興亜アセット、損保系運用会社でトップに 
レッグ・メイソン、地銀に「ブラジル高配当株ファンド」を提案
キーワードはアジア、国内株投信で年間リターン10%超
[インタビュー] 井上善雄・新生インベストメント社長に聞く 

■人材開発
売れる店づくり人づくり(3)──顧客のアイデアを生かし、販売手法の多様化を

■富裕層
「超」富裕層ビジネス──その傾向と対策(17) 
「ファミリービジネス」の3つのアキレス腱 

■海外特約
リスクへの懸念を呼ぶ絶対リターン追求ファンド

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金ランキング(2011年5月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング──2011年5月の国内公募投信
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年5月) 
             
■コンフィデンシャル
保険窓販の規制見直しと投信改正法が始動
重み増す消費者意見、制度大改革案がひそかに浮上?

             

No.102 ( 2011年06月13日 )

   
■ファンド情報 No.102(2011年6月13日)
スペシャル
[実録] 保険窓販最前線
「保険のプロ」が変える販売現場
第一フロンティア生命、東京スター銀、楽天証の試み

窓販改革のポイント
(1)「銀行の社会的使命」を訴え現場を動かす
(2)「保険の機能」を自らの言葉で語らせる
(3) 顧客に感謝される販売現場をつくる
(4) 顧客の相談内容に商品を乗せていく

■ベルジアン・デンティスト
リスクの階段
           
■金融マーケティング
京都銀、3年ぶりに国内株式投信を販売へ 
ゆうちょ銀、債券ファンドの人気強まる
常陽銀、14年3月末に投信残高を5000億円に 
野村証、国内108大学で学生向け寄付講座
水戸信金、資産運用のアドバイザーを育成 
官民ファンドに群がる思惑、政局優先で立ち消え寸前

■保険比較
窓販保険商品の比較講座(1) 
早期受取の変額年金、投信ができない約束を可能に

■年金教育
販売員のための「ねんきん定期便」解説(最終回) 
「定期便」を生かした金融商品提案の進め方

■確定拠出年金
フィデリティ投信 小泉徹也・法人・年金営業本部長に聞く

■海外特約
「顧客がリスクを取りたがる」 アドバイザーが心配する"過熱"
強さが目立つグロス氏のベア型ファンド
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年4月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年4月末)
            
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年4月) 
             
■コンフィデンシャル
投信残高が増えない地方銀行
乗り換えや高分配で大量流出 急がれる顧客の裾野拡大

             

No.101 ( 2011年05月30日 )

   
■ファンド情報 No.101(2011年5月30日)
スペシャル
[詳報] 売れ筋投信調査(有力地域金融機関編)
地銀窓販で始まる通貨選択型の販売
十六銀で売れ筋 株式型も検討対象に

[地銀の投信販売の新たなトレンド]
(1) 十六銀、店舗限定で通貨選択型が売れ筋2位 
(2) 有力地銀が外株に投資する通貨選択型を検討
(3) 単位型の採用、千葉銀など有力行で相次ぐ 
(4) 有力地銀のネット販売比率、15%超が半数近く

■インサイト
本格回復が予想される大震災後のJ-REIT
みずほ証券 チーフ不動産アナリスト 石澤卓志
           
■金融マーケティング
りそな銀、保険販売に占める保障性保険のシェアが拡大 
SMBC日興、売れ筋の「3分法シリーズ」に新商品 
武蔵野銀、「ラサール・グローバルREIT」を採用 
フィデリティ、看板投信で分配金引き下げ 
大和投信、ブラジル金融税の説明資料を作成 
楽天証、IFA経由の投信残高が1年で2倍に増加 
三井住友海上プライマリー生命、運用重視の変額年金を販売

■確定拠出年金
確定拠出年金の2011年3月末の商品販売残高 
投信残高、10.3%増の1兆7551億円に

■人材開発
売れる店づくり人づくり(2)――窓販現場の支店長の役割 
顧客向け投資セミナーの成功条件 

■富裕層
「超」富裕層ビジネス――その傾向と対策(16)
超富裕層の中核「ファミリービジネス」の4つの強み 

■海外特約
アメリカン・ファンドの役員、資金流出をアドバイザーが原因とコメント
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年4月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年4月の国内公募投信
            
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年4月末) 
             
■コンフィデンシャル
毎月分配型ブームは終わるのか
新規設定は非分配型が連続首位 野村は「復興支援F」で口座急増

             

No.100 ( 2011年05月16日 )

   
■ファンド情報 No.100(2011年5月16日)
スペシャル
売れ筋投信調査(証券/大手銀行/信託銀行編)
「分配」の野村、「値上がり」の大和 戦略鮮明に
震災経ても売れ筋商品に変化なし

【売れ筋投信の傾向】
(1)通貨選択型投信にヘッジファンド
(2) トルコリラコースが売れ筋に浮上
(3) 株式型投信で750億円集まる
(4) REIT投信が高利回りで人気 

■インサイト
非常時の利便性を比較すべき保険商品
バームスコーポレーション 取締役社長 杉山 明
           
■速 報
「売れ筋投信調査」2011年1~3月(地域金融機関編)
             
■金融マーケティング
横浜銀の3月末の投信残高4700億円超、千葉銀を逆転
ゴールドマン・サックス・アセットの米ネット関連株投信に資金流入
SMBCフレンド証、通貨選択型日本株投信に当初募集で270億円超
農業関連株式の投信設定や取り扱い開始が相次ぐ
大和投信、「株主還元株オープン」を定時償還
[インタビュー] フィデリティ「USリート・ファンド」ポートフォリオ・マネジャー

■年金教育
販売員のための「ねんきん定期便」解説(4)
年金の理解と金融商品の薦め

■調査
国内銀行の預金・貸出金動向(2011年3月末)
メガバンクなどの預貸率、60%台割れ目前に

■富裕層
「超」富裕層ビジネス――その傾向と対策(15) 
中国ビジネスを知らずしてサービスは成立しない

■海外特約
「債券王」の先手を打ち、国債を売却したFAら
税務戦略特許は灰となる運命か
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年3月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年3月末)
            
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年3月) 
             
■コンフィデンシャル
2011年度の投信販売計画
大手行は今期も「史上最大の目標」 目指すは窓販業界のアマゾン!?

             

No.99 ( 2011年04月25日 )

   
■ファンド情報 No.99(2011年4月25日)
スペシャルI
変わる地銀の保険窓販
売れ筋商品に頼らず、保険ニーズ深堀り
変額年金や投信のクロスセルも

【地銀の保険窓販のポイント】
(1) 保障性や医療介護保険をテコに「脱・売れ筋商品売り」
(2) 「流動化する資産形成層」のニーズを掘り起こし収益化
(3) 退職した投資初心者や定額年金保険の契約者に変額年金をクロスセル
(4) 税制改正や規制見直しに備え人材育成急ぐ 

■ベルジアン・デンティスト
投信ビジネス 新スタイルの好機
             
■スペシャルII
投信会社のキーパーソンに聞く(後編) 
国際投信投資顧問、ニッセイアセットマネジメント
             
■速 報
「売れ筋投信調査」2011年1~3月

■金融マーケティング
みなと銀、預かり資産営業の専門部隊を拡充 
朝日信金で投信販売額が拡大、10年度は50億円近く 
国内系投信が通貨選択型を地銀に積極提案
T&Dアセット、米現地法人を今夏に清算
ひまわり証券、中小各社に社員の受け入れ要請
野村アセットの復興支援F、事業債に6割強投資

■人材開発
売れる店づくり人づくり(1)――窓販現場の支店長の役割 
顧客は変化の時に聞く耳を持つ

■調査
第4回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(最終回) 

■海外特約
新カストディルールがアドバイザリー会社の懐を直撃
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年3月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年3月の国内公募投信
            
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年3月末)
             
■コンフィデンシャル
震災乗り越えた関西地銀
近畿大阪銀を筆頭に好調維持 "カリスマ" 登場でテラーが燃える

             

No.98 ( 2011年04月11日 )

   
■ファンド情報 No.98(2011年4月11日)
スペシャル
【投信会社のキーパーソンに聞く】
非常時での投信会社の対応と新年度の戦略
野村アセットマネジメント、三菱UFJ投信、フィデリティ投信

<インタビューのポイント>
野村アセットマネジメント (1)国内株投信の銘柄を機動的に入れ替え (2)通貨選択型投信を地銀に提案
三菱UFJ投信  (3)イベントよりもこまめな販売支援
フィデリティ投信  (4)アジア株投信は予定通り投入
 
■ベルジアン・デンティスト
「毎月分配型」再考
             
■金融マーケティング
大和住銀の「短期豪ドル債オープン」が1兆円突破 
みずほ投信の国内REIT投信、有力地銀が相次ぎ採用 
三菱UFJ投信が"グロイン通貨選択型" 
東京海上アセット、国債償還を迎える4月に再び仕組み債投信 
横浜銀、5月にDIAMなどの投信2本を販売停止
西日本シティ銀、顧客情報をもとに投信提案するシステム導入
SRIファンドが東電株を売却
             
■販売教育
"売れる" 預かり資産営業担当の育て方(最終回)
現場のコーチングとモチベーション向上の要諦

■年金教育
販売員のための「ねんきん定期便」解説(3) 
「厚生年金が少ない」―よくある問題例

■海外特約
FINRA会長、アドバイザー業の監督に慎重姿勢

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年2月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年2月末)
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年2月) 
             
■コンフィデンシャル
相場急落に直面した東電債
"想定外" に揺れる市場価格 絡み合う感情論と法律論

             

No.97 ( 2011年03月28日 )

   
■ファンド情報 No.97(2011年3月28日)
スペシャル
【販売会社が選ぶ「優れている」販社に聞く】
商品戦略の背景と2011年度に期待する商品
野村証券・柏樹康生・執行役員と大和証券・関根弘幸・投資信託部長に聞く

[野村証券のインタビューのポイント]
・販売員、相場の良いときも悪いときも顧客に接触
・4月以降に低リスク商品を拡充、デュアル債も強化

[大和証券のインタビューのポイント]
・「ツインアクセル」シリーズの開発で独自色
・公募投信は運用成績でETFとの差別化目指す 

■フラッシュ
[東日本大震災 投信市場への影響]
相場環境が急変、期末前に販売足踏み
             
■ベルジアン・デンティスト
英規制案の戦慄
             
■金融マーケティング
野村証、三菱UFJ投信の「夢見月」を採用
震災で単位型投信の元本確保機能の消滅や社債発行中止
東海東京グループ、「世界戦略米国株式」ファンド採用
保険窓販の規制見直しに向けたヒアリングが震災で延期
国内債投信や為替ヘッジ付き投信への資金流入額が減少
東京海上アセット、新規設定が伸び残高順位浮上
             
■運用講座
販売員のための「リスク入門」最終回 
「上昇力」を見える化する
             
■富裕層
「超」富裕層ビジネス――その傾向と対策(14) 
担当者の反省から学ぶ―こうすれば成功する

■海外特約
金利上昇への備えはできていますか?
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年2月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年2月の国内公募投信
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年2月末) 
             
■コンフィデンシャル
大震災で広がる販売自粛ムード
異なる危機の構図  冷静な顧客、うろたえる販社

             

No.96 ( 2011年03月14日 )

   
■ファンド情報 No.96(2011年3月14日)
スペシャル
販売会社が選ぶ「優れた販社」ランキング
野村証券が3年連続で首位
「企画力」に高い評価、商品に独自性ある販社が上昇

[2010年の販社評価の動き] 
(1) 野村、ライバル販社との差をさらに広げる 
(2) 大和など大手証券が上昇、メガバンクは伸び悩む
(3) 千葉銀が横浜銀を逆転、銀行販社のトップに 
(4) ネットの広島銀・若手登用の埼玉県信金がトップ10入り 

■インサイト
「信金らしさ」が問う顧客のための投信販売 
広島信用金庫 プライベートバンキング室長 赤田芳広
             
■スペシャルインタビュー
わが社の販売戦略 いちよし証券 武樋政司・取締役執行役社長

■販売教育
"売れる"預かり資産営業担当の育て方(6) 
上司のチェックポイント――営業担当の課題にどう対応するか
             
■金融マーケティング
近畿大阪銀、新興国バランス型投信の「あいのり」を採用
大和証、非毎月分配型投信の「次世代医療ファンド」採用
野村アセット、米国ブランド株の通貨選択型投信を設定へ
新光投信の米国REIT投信、地銀も販売に加わる
ばんせい山丸証券、全役員の報酬削減とリスク管理部門を設置へ
朝日生命、「医療トレンドツール」でニーズ喚起
ネット証券4社が投信販売で共同イベント
             
■年金教育
販売員のための「ねんきん定期便」解説(2) 
年金額に怒りを覚えた人の3タイプ 
             
■海外特約
リテールを強化するピムコ、手数料の引き下げも 
「上昇相場は長期に」強気のペンシルベニア大シーゲル教授 
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2011年1月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2011年1月末)
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2011年1月)  
             
■コンフィデンシャル
人気の衰え見えてきたブラジル投信
通貨選択型に広がる"擁護論" 「レアルリスク」におびえるチキンレース?

             

No.95 ( 2011年02月28日 )

   
■ファンド情報 No.95(2011年2月28日)
スペシャル
売れ筋投信調査(地域金融機関編)
動き始めた国債マネー、リスク商品に立ちはだかる壁
迫る新年度、難航する次期・主力投信の発掘

地域銀行の投信販売・最新トレンド 
(1)米ドル復権、豪ドル根強くレアル減速へ
(2)国債償還マネー流入は限定的、単位型が健闘
(3)大型投信で分配金下げ、"連鎖減配" の兆候?
(4)通貨選択型、販売チャネル限定で採用進む

■ベルジアン・デンティスト
自らのことば
             
■金融マーケティング
住友信託、インターネットでの販売シェアが1割に拡大
京都銀、3月から「新興国好配当株式F」の販売を開始
大和証、マイクロファイナンスファンドを募集
三菱東京UFJ銀の劣後債が販売開始の翌日ほぼ完売
UBS、富裕層向け投資戦略で「高配当株式に魅力」
マスミューチュアル生命、定額年金の受け取り総額モデルを用意
[インタビュー]フィデリティ投信「日本成長株・ファンド」マーケティング責任者

■運用講座
販売員のための「リスク入門」(6) 「通貨のリスク」を実感しコントロールする
             
■調 査 I
第4回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(9) 
販売額上位の販社からの回答
             
■調 査 II
国内銀行の預金・貸出金動向(2010年12月末)
メガバンクなどの預貸率が急落、63%台に低下
             
■富裕層
「超」富裕層ビジネス――その傾向と対策(13) 
相続税強化に超富裕層は自己防衛できるか?
             
■海外特約
拡大するオルタナ運用に悩むカストディアン
運用会社のM&A、増加を予測する声
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2011年1月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2011年1月の国内公募投信 
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2011年1月末)  
             
■コンフィデンシャル
勢い盛り返す銀行の保険窓販
一時払い終身より定額年金 地銀が覚醒した「為替のうまみ」 

             

No.94 ( 2011年02月14日 )

    
■ファンド情報 No.94(2011年2月14日)
スペシャルI
売れ筋投信調査(証券/大手銀行/信託銀行編)
野村、"分配力" で株式ファンドが売れ筋に急浮上
大和はアジア株で値上がり益重視

売れ筋のポイント 
(1)通貨選択型投信の人気続く
(2)投資対象に株式が台頭
(3)オプション戦略を取り入れる商品も登場
(4)個人向け国債償還は様子見 

■スペシャルII
販売会社の研究 広島銀行のiPad活用術 「第3の窓販チャネル」視野に 
             
■速 報
「売れ筋投信調査」 2010年10~12月(地域金融機関編)

■金融マーケティング
三菱UFJ信託、「トータルリターン」目指す投信を採用
日興コーデ、"毎月分配型ヘッジファンド" をリテール向けに提供
アムンディ、デリバティブを組み込んだ投信の取り扱い再開へ
国内債投信対決、1月の販売額は僅差で「Jボンド」
日本生命、「夢のかたち」の販売会社が65社に
バークレイズ・キャピタル、個人向け国債償還の受け皿商品
「生命保険信託」に成約例
通貨選択型は自主規制の対象外に
             
■調 査
第4回「窓販会社実態調査・投信会社満足度調査」(8) 
残高上位の販社からの回答
             
■インサイト
資産運用における「たおやめぶり」的方法 
千葉商科大学大学院 会計ファイナンス研究科教授 伊藤宏一 
             
■運用講座
販売員のための「リスク入門」(5) 目で確認する資産間のリスクの相違
             
■海外特約
欧州のヘッジファンド投資に関するスタンスは?
ECが財団に関する法規制を整備へ
             
■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2010年12月末)
             
■データフラッシュII
全投資信託の年間騰落率ランキング(2010年12月末) 
             
■データフラッシュIII
投資信託の月間資金純増額ランキング(2010年12月) 
             
■コンフィデンシャル
個人向け国債の償還に挑む保険窓販
一時払い終身保険に落とし穴? 販売力の二極化に税制変更も 
   
             

No.93 ( 2011年01月24日 )

    
■ファンド情報 No.93(2011年1月24日)
スペシャルI
地域金融機関の遺言信託
"大承継時代" に突入 富裕層との取引継続へ
地銀や信連が本体参入

【遺言信託ビジネスのポイント】 
 (1) 本体参入で「信頼」と「スピード」
 (2) 富裕層の次世代と取引継続
 (3) 投信、保険販売を拡大
 (4) ビジネス参入は"先手必勝"

■ベルジアン・デンティスト
「ペイ・アズ・ユー・ゴー」の正体
             
■スペシャルII
広島信用金庫のアフターフォロー戦略
"攻めのフォロー" に転換、窓販システムを強化

■速報
「売れ筋投信調査」2010年10月~12月
             
■行政の立場から
市場強化に向けて積極的な提案を
金融庁総務企画局参事官 池田唯一
             
■インタビュー
わが社の販売戦略 野村証券 柏樹康生・執行役員 投資サービス担当 
コンサル営業を前面に、変額年金で新商品
             
■金融マーケティング
人気投信の分配金引き下げ相次ぐ
あおぞら銀、欧州のハイイールド債投信を戦略商品に
西日本シティTT証券、黒崎支店を開設
ベアリング投信、ヘッジ付き外債の販社が拡大
[インタビュー] コスト競争回避と経営の現地化を基準に投資
郵政がつなぐ「野党の輪」 再国有化阻止議連が再始動へ
             
■制度改革
わかりやすい日本版ISA (最終回)
秘める可能性、利便性向上のために何が必要か
             
■確定拠出年金
三菱UFJ投信「オートマくん」、資産配分変更の仕組みで特許 
             
■政策
金融審見直し後再開へ、金融庁方針
金融庁、「議決権行使のプロ」を中途採用
             
■海外特約
米国債と株式だけ? ジャンクボンドもお試しあれ
報酬が回復傾向にあるファンドマネジャーら

■データフラッシュI
毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2010年12月末)
             
■データフラッシュII
「当初設定額」ランキング――2010年12月の国内公募投信 
             
■データフラッシュIII
投資信託の純資産総額ランキング(2010年12月末) 
             
■コンフィデンシャル
幕を開けた個人向け国債大量償還
第1ラウンドは保険商品に軍配 預金滞留なら銀行の死活問題!?
   
             

No.92 ( 2011年01月10日 )

   
■ファンド情報 No.92(2011年1月10日)
スペシャル
販売会社が選ぶ「ベストファンド」
地銀が「通貨選択型」を評価 円債で顧客層拡大へ
グロソブが総合首位も、売れ筋は「高分配」

【結果から見える2011年のトレンド】 
 (1)新規顧客拡大へ円債投信に期待 
 (2)「グロソブ」再評価の動きも
 (3) 地銀が通貨選択型投信を評価
 (4) 売れ筋は「新興国」関連

■年金教育
販売員のための「ねんきん定期便」解説(1) 
顧客が年金で知りたい3つのポイント
             
■インサイト
金融危機で明らかに変わりだした投資家
ノースアイランド 代表取締役・CFP 嶋 敬介

■金融マーケティング
三井住友銀、1月にヘッジ付き外債投信を採用
りそな銀、低リスク投信の品ぞろえを急ピッチで拡充
中国銀、ハイリスク・ハイリターン型投信を投入へ
広島信金、販売実績の大半が自前で選定した投信
大和投信「日本国債F」、純資産残高が800億円目前に
足利銀、「のむラップ・ファンド」の販社に
東京海上アセット、リスクを抑えた条件付運用型
日証協、投資信託の販売と組成の在り方を議論する組織を立ち上げ
             
■販売教育
"売れる" 預かり資産営業担当の育て方(5) 
営業を「科学する」、営業プロセスを4段階で解析
             
■ベルジアン・デンティスト
「心配の壁」
             
■海外特約
シュワブのクロフォード氏に聞く「ETF運用会社も運用報酬は必要」
             
■データフラッシュ I
毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2010年11月末)
             
■データフラッシュ II
全投資信託の年間騰落率ランキング(2010年11月末)
             
■データフラッシュ III
投資信託の月間資金純増額ランキング(2010年11月)
             
■コンフィデンシャル
分水嶺に立つ投信販売戦略
高分配ニーズに新機軸? くすぶり始めた減配リスク