ファンド情報 目次リリース 2009年

No.67 ( 2009年12月28日 )

  
■ファンド情報 No.67(2009年12月28日)
スペシャルI
2010年の売れ筋になるかハイイールド債券投信
ポスト通貨選択、地銀など販売本格化
分配金上げで売れ筋浮上、市場ムードに要注意

【ハイイールド債券投信の特徴】
(1)リスクを取って高利回り債券に投資 (2)債券投資でもキャピタルゲイン狙う
(3)数百社から1000社まで分散投資   (4)投資先を吟味、「破たん」で買いも

■フォーカス
 コスモ証券の金商法違反、「本件は珍しい事案」 監視委首脳
             ……………………………………………………… 2
■インサイト
 パラダイムチェンジの予感 ソフィアバンク副代表 藤沢久美
             ……………………………………………………… 3
■スペシャルII
 リテールビジネス最前線をゆく(6) 京都銀行・府庁前支店
             ……………………………………………………… 7
■金融マーケティング
 岩井証券、ラップ口座の商品ラインアップを拡充
 名古屋銀、現場の多数決で採用ファンドを決定
 GSAM、北京のクリストファー・キーオ氏が経営に参画
 十六銀、金融商品仲介ビジネスが拡大
 極東証券、顧客のポートフォリオの見直し提案に軸足
 JPモルガン・アセット、大阪支店の勉強会に販社から依頼が増加
 有力銀行、アジアのソブリン債投信を相次ぎ採用
 ディー・ブレイン証券、金融円滑化法への対応助言業務参入
             ………………………………………………………11
■富裕層
 「超」富裕層ビジネス―その傾向と対策(3)
  東京・企業オーナー夫人の憂鬱
             ………………………………………………………16
■調査
 第3回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(5)
  信金・信組等の評価
             ………………………………………………………18
■確定拠出年金
 みずほコーポレート銀行の確定拠出年金ビジネス
             ………………………………………………………23
■投信を斬る
 ファンド解体新書 18 ハイイールド・新興国債券投信
             ………………………………………………………24
■政策
 証券会社や金融商品取引業者、金融庁規制強化
 少額証券投資の非課税制度、政府税調大綱で
 郵政改革作業加速、社民党から「投信販売慎重論」も
             ………………………………………………………28
■ワールドBIZ
 ファンドビジネス 米国最先端に学ぶ(16)
  マルチ・チャネル戦略で注目集めるレイモンド・ジェームズ
             ………………………………………………………30

■データフラッシュI
 毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2009年11月末)
             ………………………………………………………34

■データフラッシュII
 「当初設定額」ランキング――2009年11月の国内公募投信
             ………………………………………………………36
■データフラッシュIII
 投資信託の純資産総額ランキング(2009年11月末)
             ………………………………………………………39
■海外特約
リターンよりリスクに着目し始めたアジアの投資家たち
             ………………………………………………………42
■コンフィデンシャル
 どうなるMUFGとモルスタの証券戦略
 長引く交渉に外野は「破談」期待? 主幹事争いで「地殻変動」の予言も
             ………………………………………………………44

No.66 ( 2009年12月14日 )

  
■ファンド情報 No.66(2009年12月14日)
スペシャル I  売れる組織の研究(1) 日興コーディアル証券 岐阜支店
投信販売、強い営業組織はこう作る
支店長が仕掛けた改革の奇跡

【岐阜支店での主な改革ポイント】
(1)支店の全員で情報を共有する
(2)モチベーション向上の仕掛け作り
(3)データに基づく科学的な営業推進
(4)改善のための「気づき」を促す

■スペシャル II
 再始動する『ラップ口座』回復基調が鮮明に、2四半期連続で残高増
             ……………………………………………………… 7

■金融マーケティング
 三菱UFJ信託銀、コンサルティングツールを全店舗に開放
 HSBCが証券仲介で仕組み債、豪ドル建てで元本を保証
 栃木銀、外国債券投信の品ぞろえを拡充
 日興アセット、販売会社向け研修を強化
 大和投信のレアル債投信、10月の販売額が1000億円超
 三菱UFJ投信はハイイールド債投信が好調
 グローバルREIT市場、2010年も回復傾向が続く
             ………………………………………………………11
■金融販売講座
 徹底解説『金融商品販売』の最新技術(3)
  責任者任命制度で若手を"プロ"に ……………………………………………15

■インタビュー
 シリーズ・実力ホールセラーに聞く(3) 
 ニッセイアセットマネジメント 山本直紀・投資信託営業部第1部営業部長
             ………………………………………………………18
■調査
 第3回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(4)
  証券会社の評価     ………………………………………………………20

■確定拠出年金
 三菱UFJ投信、確定拠出で投信残高が2300億円弱に
             ………………………………………………………25
■投信を斬る
 ファンド解体新書 17  過去のパフォーマンスから将来をどう読むか
             ………………………………………………………26
■政策
 郵政見直しで作業チーム発足
 少額証券投資、試験的に容認へ 政府税調
 コスモ証券が投信の説明義務違反、高齢者への「回転売買」
 投信の認知度高まる、投信協会調査
             ………………………………………………………30
■コラム
 広がる日本離れ     ………………………………………………………32

■データフラッシュ I
 毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2009年10月末)
             ………………………………………………………34

■データフラッシュ II
 全投資信託の年間騰落率ランキング(2009年10月末)
             ………………………………………………………36

■データフラッシュ III
 投資信託の月間資金純増額ランキング(2009年10月末)
             ………………………………………………………38

■海外特約
 給与アップが見込まれる投資アドバイザー業界
 401K加入者、3分の2は投資情報を読まず………………………………………41

■コンフィデンシャル
 「超高分配」で建て直す地銀窓販
 過熱する乗り換え戦争 「タコ足」文化の痛し痒し
             ………………………………………………………44

No.65 ( 2009年11月23日 )

  
■ファンド情報 No.65(2009年11月23日)
スペシャル 有力地銀のファンド採用動向
強まるエマージング人気、水面下に新勢力
千葉・京都は「バランス型」に期待、広島が「国内債」へ

有力地銀・ファンド採用の注目ポイント

(1)「通貨選択型」―高まり始めた採用意欲
(2)「ブラジル債投信」―2つに割れる評価
(3)「新興国バランス型」―東西ヒットメーカーが期待
(4)「国内債投信」―異例の "売れ筋" 浮上

■インタビュー I
 ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント土岐大介社長に聞く
             ……………………………………………………… 8

■インタビュー II
 シリーズ・実力ホールセラーに聞く(2) 日興アセットマネジメント
  鈴木孝宏・資産運用サポート部シニア アドバイザー
             ………………………………………………………10

■インサイト
 「それって合理的な意思決定?」行動経済学の使い方
   有限責任監査法人トーマツ パートナー 山本御稔
             ………………………………………………………12

■金融マーケティング
 百十四銀、三菱UFJ証券と連携し公募仕組み債の販売を本格化
 ウエスタン・アセット、豪州の高格付金融債をオーバーウェイト
 三菱UFJ信託銀、2009年度上半期の投信販売額が1400億円を達成
 三井住友銀、ネットチャネルでの投信販売を強化へ
 BNYメロン、窓販チャネル向けセールス担当者を大幅増員の計画
 日興アセット、「世界銀行債券ファンド」の販社が30社に拡大
 フィデリティ、「USリート・ファンド」の残高が1カ月半で7.3倍に急増
 HSBC投信、五輪効果でブラジル株投信の10月の販売額が700億円に
 国内初のダウ平均ETFが12月10日に東証に上場
             ………………………………………………………14

■富裕層
 「超」富裕層ビジネス――その傾向と対策(2)
  中堅企業オーナー、2つの典型ニーズ
             ………………………………………………………20

■調査
 第3回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(3)
 銀行の評価 三菱UFJ投信やニッセイアセット、評価上昇
             ………………………………………………………22

■確定拠出年金
 損保ジャパンDC証券、確定拠出投資教育で新機軸 導入企業の社員を講師に
             ………………………………………………………27

■投信を斬る
 ファンド解体新書 16
  「資産取崩し」投信 リタイア層の新需要 商品・サービスの転換迫る
             ………………………………………………………28

■政策
 [詳報]  投信目論見書、簡素化へ内閣府令改正、金融庁方針
 金商法改正も政治主導へ転換、金融庁方針
             ………………………………………………………30

■海外特約
 醒め始めたアメリカン・ファンズ熱 債券ファンド嫌いが裏目に
 株価回復の裏で広がる閉塞感 「実に奇妙な事態」アナリストが指摘
             ………………………………………………………32

■データフラッシュ I
 毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2009年10月末)
             ………………………………………………………34

■データフラッシュII
 「当初設定額」ランキング――2009年10月の国内公募投信
             ………………………………………………………36 

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産総額ランキング(2009年10月末)
             ………………………………………………………38

■コンフィデンシャル
 住友信託「経営大再編」の深層
 年金ノウハウで新境地?見えてきたリテール大攻勢
             ………………………………………………………40

No.64 ( 2009年11月09日 )

  
■ファンド情報 No.64(2009年11月9日)
スペシャル  売れ筋ファンド調査・後編(有力地銀)
東は「元本確保型」、西は高分配の外債F
分配金水準は"西高東低"

■金融販売講座
 徹底解説『金融商品販売』の最新技術(2)
  「体験型」研修のススメ 老人ホームに学ぶ接遇の心得
             ……………………………………………………… 8

■インタビュー
 JPモルガン・アセット・マネジメント 中井正彦・副会長に聞く
  銀行窓販に必要な2つのポイント
             ………………………………………………………12

■金融マーケティング
 三井住友銀、約1年ぶりに売れ筋ファンドの首位が交代
 岡三証券、下半期は外貨建て債券の販売を強化
 JPモルガン・アセット、法人向けMMFの顧客数が100社に
 運用会社の雇用情勢、景気悪化などに備え、新規採用には消極的
 キャピタル・インターナショナル、インカム型ファンドの取り組みを積極化
 GSAM、地銀への「GS エマージング通貨債券ファンド」の提案を強化
             ………………………………………………………14

■インサイト
 分配金と退職後所得の怪しい常識 フィデリティ
  退職・投資教育研究所 所長 野尻哲史
             ………………………………………………………18

■調査
 第3回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(2)採用期待度
             ………………………………………………………20

■投信を斬る
 ファンド解体新書 15
  金融危機後の投信ガバナンス 個別対応に大きな格差
             ………………………………………………………23

■確定拠出年金
 確定拠出年金の2009年9月末商品販売残高
  伸び率11.1%、6グループが平均以上の伸び率
             ………………………………………………………27

■政策
 郵政株式処分凍結法案、「法律で定める日」まで処分禁止
 日本郵政、"脱・小泉"の人事改革
 金融庁の税制改正要望、マッチング拠出が復活
             ………………………………………………………28

■海外特約
 ファンドマネジャーは自分のファンドが嫌い?
 メリルの方向決定の重責を負うバンカメ新CEO
 縮小相次ぐ大手銀の独立アドバイザービジネス
             ………………………………………………………30

■データフラッシュI
 毎月分配型投資信託の年間騰落率ランキング(2009年9月末)
             ………………………………………………………33

■データフラッシュII
 投資信託の運用成績ランキング(2009年9月末)
             ………………………………………………………35

■データフラッシュIII
 投資信託の月間資金純増額ランキング(2009年9月)
             ………………………………………………………37

■コンフィデンシャル
 ブラジル市場の命運握る日本マネー!?
  課税をかわす通貨選択型 「一時規制は買い」の証券勢
             ………………………………………………………4

No.63 ( 2009年10月26日 )

    
■ファンド情報 No.63(2009年10月26日)
スペシャル I 【販社が選ぶ「優れた販売会社」ランキング】 

野村が2年連続首位
システムや店舗、商品、評価のポイントは「独自性」

<販社に評価される条件>
(1)「人材活用」──適材適所・機動的な人事など
(2)「システムの構築」──ポートフォリオ提案が可能に
(3)「大胆な商品戦略」──「一時払い終身保険」へ一気に
(4)「店舗戦略」──富裕層をターゲットに他府県へ進出

■スペシャル II
 売れ筋ファンド調査・中編(ケーススタディー)
  逃げない組織が生んだブーム、高配当ファンドの復活ヒット
             ……………………………………………………… 6

■富裕層
 「超」富裕層ビジネス──その傾向と対策(1)
  「企業オーナー未亡人」3つの難問
             ………………………………………………………10

■金融マーケティング
 三菱東京UFJ銀、コンサル営業へ販売支援システムが本格稼動
 東海東京証券、下半期は内外の株式投信に注力
 住友信託、取り扱いファンドから20本を厳選してコンサル提案
 いちよし証券、商品部門の責任者に前浦安支店長の井上氏が就任
 T&Dアセット、2カ月連続で野村証券が新ファンドを採用
 みずほ証券がマイナー通貨で差別化を狙う通貨選択型ファンド
 みずほ投信、外債投信で旗艦ファンドを育成へ
 証券CFD取引、金融庁が証拠金倍率規制へ
             ………………………………………………………14

■インタビュー
 ドイチェ・アセット・マネジメント関崎司社長に聞く
             ………………………………………………………18

■インサイト
 J-REITのターニングポイントが迫る アイビー総研 社長 関 大介
             ………………………………………………………20

■確定拠出年金
 J-PEC、確定拠出年金で「運用指図者」向けのセミナーを強化
             ………………………………………………………21

■投信を斬る
 ファンド解体新書 14
  ターゲット・イヤー・ファンド 米主力商品はなぜ振るわないのか
             ………………………………………………………22

■政  策
 郵政事業抜本見直しへ、政府方針転換
 亀井金融相が検査官と意見交換
 公開買い付け不開示、海外投資会社に課徴金?
             ………………………………………………………25

■コンプライアンス
 [Q&A 金融商品取引法の焦点] 最終回
  情報格差是正狙う改正法 「売出し」開示規制のボーダーライン
             ………………………………………………………27

■ワールドBIZ
 ファンドビジネス 米国最先端に学ぶ(15)
  金融危機を克服しつつある米国投信市場
             ………………………………………………………31

■海外特約
 「自動引き出しファンド」に再注目する投信会社
  小型株の超小型株化で個人に投資機会
             ………………………………………………………36

■データフラッシュ I
 毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回りランキング(2009年9月末)
             ………………………………………………………38

■データフラッシュ II
 「当初設定額」ランキング──2009年9月の国内公募投信
             ………………………………………………………40

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産総額ランキング(2009年9月末)
             ………………………………………………………42

■コンフィデンシャル
 設定急増の裏で「赤字ファンド8割」の現実
  ターゲットイヤーが2年で償還 難航する"失敗作"の後始末
             ………………………………………………………44

No.62 ( 2009年10月12日 )

  
■ファンド情報 No.62(2009年10月12日)
スペシャル I 【売れ筋ファンドの研究(前編・証券/大手銀行編)】

毎月分配に選別の動き、浮上する売れる新法則
大手証券、メガ、信託12社を徹底調査

<売れる4法則>
(1)外国資産&毎月分配タイプが売れ筋の両輪
(2)人気の外債ファンドは分散から集中に流れがシフト
(3)毎月分配は利回り2ケタ以上が売れ筋の分かれ目
(4)新たなトレンドを作った通貨選択ファンド

■スペシャル II
 三菱東京UFJ銀行の金融商品仲介戦略
 自前の販売網を急拡大、「仲介」がリテール販売の柱に
             ……………………………………………………… 8

■調査
 第3回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(1)
  全回答販社の評価
             ………………………………………………………12

■金融販売講座
 徹底解説 『金融商品販売』の最新技術(1)
  女性テラー台頭、大手地銀の「投信販売」成功秘話
             ………………………………………………………20

■コラム
 切り花から球根へ    ………………………………………………………23

■金融マーケティング
 栃木銀、レッグ・メイソンの豪ドル債投信を新規採用
 新生銀、CTAファンドを09年度下半期の中核ファンドに
 千葉銀、投信・年金の商品採用でコンサルティング営業部を新設
 JPモルガン証券が外債ビジネスを強化、地銀の販売網構築を目指す
 野村証券、アリアンツ生命の変額年金を10月に採用
 三菱UFJ投信、地銀で投信採用が急拡大 09年度上半期で前年度実績上回る
 JPモルガン・アセット、09年度下半期は販売会社向けの勉強会を強化
             ………………………………………………………24

■投信を斬る
 ファンド解体新書 13 運用者の制御を欠いたコンセプトファンド
             ………………………………………………………28

■確定拠出年金
 フィデリティ、確定拠出で商品採用が1700規約超に
             ………………………………………………………32

■政  策
 2010年度税制改正、金融庁が改正要望を公募
 金融庁新体制、主眼は郵政見直し
 企業の資金調達、金融庁が詳細開示を義務化へ
             ………………………………………………………33

■海外特約
 米議会で始まった401kアドバイス規則議論
 オフショア資産規制は銀行資産に限らない!?
             ………………………………………………………35

■データフラッシュ I
 毎月分配型投資信託の分配金・分配金利回り上位(2009年8月末)
             ………………………………………………………37

■データフラッシュ II
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年8月末)
             ………………………………………………………39

■データフラッシュ III
 投資信託の月間資金純増額(2009年8月)
             ………………………………………………………41

■コンフィデンシャル
 見えてきた09年度下半期の戦略商品
 通貨選択型はネタ切れも 次の主役は保険?それとも株?
             ………………………………………………………44

No.61 ( 2009年09月28日 )

  
■ファンド情報 No.61(2009年9月28日)
スペシャル  [第3回] 投信会社満足度調査
国際が連続総合首位
人気は分散傾向

 『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』(調査協力・日経リサーチ)の
結果がまとまった。リーマンショック後の金融混乱を受け投信窓販を取り巻
く環境は前回調査時から大きく変化。そんななかでも、すべての販売会社の
回答による総合評価部門で首位になったのは、前回と同じく国際投信投資顧
問だった。看板ファンドの分配金引き下げを経ても評価が保つ点では同社の
底堅い人気が垣間見えるものの、HSBC投信、ピクテ投信投資顧問などに対す
る支持も強く、前回に比べると人気は分散傾向が顕著となった。

■インサイト
 投信は「短期」投資家なのか
 日本経済新聞ヴェリタス編集部 編集委員 前田昌孝
             ……………………………………………………… 9

■金融マーケティング
 水戸証券、ラップ口座の契約が400件を突破
 みずほ銀、医療保険で上期に約1000件契約
 極東証券、下期はグローバルREITなどを戦略商品に
 SMBCフレンド、ラップ口座の契約件数が3四半期ぶりに増加
 百十四銀、4~8月の投信販売額が40億4000万円
 大垣共立銀、りそな銀が新コンセプト店をオープン
             ………………………………………………………11

■プロダクツ&サービス
 BCFSジャパンが公募投信第1号を投入
 UOBアセット、日本の投信ビジネスに本格参入
 AIGインベストメンツ、地銀経由の資金流入が急回復
 日興AMの「お伝えしたいこと」シリーズが販社で評判
             ………………………………………………………16

■投信を斬る
 ファンド解体新書 12
  バランス型から単一資産型への乗り換えは妥当か
             ………………………………………………………19

■確定拠出年金
 運営の金融危機対応、中小企業から不満噴出
             ………………………………………………………23

■政  策
 [詳報] 亀井金融担当相会見「金融は血液」「郵政見直しは革命」
             ………………………………………………………24

■海外特約
 過熱する「空売り・レバレッジ型」上場投資信託をめぐる議論
 ボーナスをめぐり揺れるAIGのアドバイザー部門
             ………………………………………………………25

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング --- 2009年8月の国内公募投信
             ………………………………………………………26

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年8月末)
             ………………………………………………………28

■運用ウオッチ
 投資が変わる市場が変わる 最終回 先物のスペキュレーター、筋違いな中傷
             ………………………………………………………32

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年8月末)
             ………………………………………………………35

■コンフィデンシャル
 リーマンショックに揺れた「顧客満足」
 踏みとどまる国際・追う日興 投信業界は2強時代に突入?
             ………………………………………………………48

No.60 ( 2009年09月14日 )

  
■ファンド情報 No.60(2009年9月14日)
 スペシャル  金融危機後の新局面
 小口化で蘇る「ラップ口座」
 掘り起こされた「隠れた資産」

 昨秋の金融危機発生以降、残高を減らし続けたラップ口座が、一転して活
 気を取り戻しつつある。最低投資金額が1000万円以下の小口化したファンド
 ラップなどが顧客との契約を拡大しているのだ。個人投資家のラップ口座へ
 の評価が厳しくなるなか、「小口化」で敷居を下げて契約を伸ばすその先に
 は、これまで隠れていた「宝の山」も見え始めている。ラップ口座は完全復
 活を遂げるのか──。前線を追う。

■コラム
 相続税強化の世界    ……………………………………………………… 8


■金融マーケティング
 ゆうちょ銀、下期の投信販売計画を下方修正
 銀行窓販でも通貨選択型、りそなが10月に投入へ
 関東つくば銀が健闘、8月の投信販売が約40億円
 日興コーデ、伝説の世界割安株ファンドを発売
 日本アジア証券、太陽光発電ファンドの募集開始
             ……………………………………………………… 9

■インタビュー
 【政府系ファンドの行方】 [野村証券のキーパーソンに聞く]
 リーマン買収で中東は4拠点に、サウジでも営業開始
             ………………………………………………………12

■プロダクツ&サービス
 フィデリティ、毎月分配型をパッケージで提案へ
 保険代理店のライフプラザ、北都銀行と業務提携
 国際投信、販社向けリポートの定期配信をスタート
             ………………………………………………………13

■投信を斬る
 ファンド解体新書 11
 通貨選択型鍵握る売却タイミング、販社の"メンテナンス"不可欠
             ………………………………………………………15

■確定拠出年金
「個人型」加入実績、首位は東京海上日動
             ………………………………………………………19

■政  策
 新政権、税制改正も「政治主導」に転換
             ………………………………………………………20

■海外特約
 「絶滅危惧種」入りしたオフショアバンキング
  インフレ観測でインフレ連動債に群がる投資家
             ………………………………………………………21

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年7月末)
             ………………………………………………………23

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2009年7月)
             ………………………………………………………35

■コンフィデンシャル
 復活の兆し見せる地銀の投信販売
 浜銀が起死回生の400億円 正攻法で悲願の首位奪回?
             ………………………………………………………40   

No.59 ( 2009年08月24日 )

  
■ファンド情報 No.59(2009年8月24日)
 スペシャル  中国地方3グループの販売戦略
 地銀の証券ビジネス新展開
 拡大する債券販売、公募仕組み債が売れ筋に

 7月、地方銀行で日経平均リンク債や社債などを積極的に扱い、債券の販売
 実績が投資信託の実績を上回るケースが登場している。銀行本体ではリスク
 商品を極力扱わず、投信の販売まで証券子会社にゆだね始めた銀行も浮上。
 投信販売に回復の兆しが見られる地銀販社が、証券ビジネスの新たな萌芽期
 を迎えつつある。

■CLOSE UP
 【富裕層市場の胎動(4)】生保営業マン編
 年間1億円の保険を継続販売、企業オーナーが起点
             ……………………………………………………… 8

■インサイト
 間違いだらけの「超」富裕層ビジネス
 永田町ファミリーオフィス代表 NPO日本ファミリーオフィス協会代表理事
 相山 豊
             ………………………………………………………10

■金融マーケティング
 ゆうちょ銀など顧客フォローからポートフォリオ提案へ
 三菱UFJ証券、限定追加型マネージド・フューチャーズ
 千葉銀、投信販売がリーマンショック前の7割まで回復
 いちよし証券、投信販売額が月間100億円に回復
 八千代銀、投信ラインアップの絞り込み検討
 りそな銀、テンプスタッフLAの特定派遣社員採用
             ………………………………………………………11

■プロダクツ&サービス
 日興アセット、「世界銀行債券ファンド」を地銀向け戦略商品に
 国際投信、「中国株オープン」で約200億円集め募集停止
 JPモルガン・アセット、新興国株投信で地銀からセミナー依頼急増
             ………………………………………………………15

■投信を斬る
 ファンド解体新書 10 「高金利型債券投信」設定急拡大の販売事情
             ………………………………………………………18

■確定拠出年金
 確定拠出年金専用ファンドの2009年度第1四半期運用・顧客獲得状況
             ………………………………………………………21

■政  策
 2009年度の監督方針公表、金融庁
 検査補佐官を設置、09年度金融検査から
 消費者庁、経産省などから幹部
             ………………………………………………………24

■海外特約
 顧客獲得のために手数料肩代わりを決めたチャールズ・シュワブ
             ………………………………………………………26

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング――2009年7月の国内公募投信
             ………………………………………………………28

■運用ウオッチ
 投資が変わる市場が変わる 6 「プロセス」で読み解くオルタナティブ投資
             ………………………………………………………31

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年7月末)
             ………………………………………………………34

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年7月末)
             ………………………………………………………38

■コンフィデンシャル
 09年前半戦 明暗分かれた投信受託
 野村ひとり勝ちに終止符? 日興身売りが招く地殻変動
             ………………………………………………………52

No.58 ( 2009年08月10日 )

  
■ファンド情報 No.58(2009年8月10日)
 スペシャル  保険会社の投信販売戦略
 新チャネル『代理店』の可能性
 東京海上日動が抜本改革模索

 銀行や証券会社に隠れ、投資信託販売会社としての存在感が薄かった保険会
 社。損害保険最大手の東京海上日動火災保険が2011年度をメドに年間投信販売
 額を1000億円に増やすことを目標に掲げるなど、一部で投信販売強化の動きが
 見え始めた。「代理店」を通じた販売戦略からは、投信から保険まで扱う新た
 な総合チャネルの萌芽もみえてくる。投信販売に消極姿勢が目立つ生命保険で
 は、三井生命保険が、歩合制ファイナンシャルアドバイザーを使った投信販売
 の拡大を模索。旧来モデルとの共存か、新モデルへの脱皮か――。保険会社の
 現状を、投信ビジネスを通じ浮き彫りにする。

■インタビュー
 ゆうちょ銀行の松岡一晴氏に聞く 投資信託の純資産残高は5カ月連続で増加
             ………………………………………………………10

■金融マーケティング
 近畿大阪銀、投信販売がリーマンショック直前の水準に
 PWM日本証券、09年度末に投信残高700億円に
 木村証券、EB債の提案に注力
 みずほ銀の金融商品採用責任者が交代
             ………………………………………………………12

■プロダクツ&サービス
 BNYメロン、外国籍投信で流入加速
 楽天投信、富裕層向けバランスファンド設定
 大和投信の「杏の実」の販社拡大
 仕組み債投信で新タイプ、「ノックイン条項無し」が台頭
 アフラックの窓販向け保険販売額、4~6月期が過去最高
             ………………………………………………………14

■確定拠出年金
 インテル、パッシブ中心に約10商品で制度開始
             ………………………………………………………17

■投信を斬る
 ファンド解体新書 9 国内株式「ご当地ファンド」は色あせたか
             ………………………………………………………18

■特別寄稿
 タックスヘイヴン――揺れる「無税の楽園」 作家 橘 玲
             ………………………………………………………22

■政  策
 金融庁、FX海外業者や無登録業者の増加警戒
 証券監視委の課徴金勧告、08年度は32件
             ………………………………………………………26

■コンプライアンス
 Q&A 金融商品取引法の焦点 第17回 相場操縦
             ………………………………………………………27

■ワールドBIZ
 ファンドビジネス 米国最先端に学ぶ(14)
 ブラックロックが仕掛けたBGI買収の衝撃
             ………………………………………………………31

■海外特約
 「FAの手ぬるいコンプラのツケは高い」専門家が警告
             ………………………………………………………37

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年6月末)
             ………………………………………………………38

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2009年6月)
             ………………………………………………………48

■コンフィデンシャル
 熱帯びる「通貨選択型」の販路模様
 大和頓挫も火は消えず秒読み段階の全面戦争?
             ………………………………………………………52  

No.57 ( 2009年07月27日 )

  
■ファンド情報 No.57(2009年7月27日)
 スペシャル  販売改革で多様化の兆し
 銀行窓販の手数料戦略
 ノーロード続々、割れる評価

 投資信託の販売回復に向け戦略の見直しを図る銀行の窓販部門。収益を改善す
 る上では、まずは販売時の手数料をきっちり確保したいところだが、そんな中で
 敢えて、販売手数料を取らないノーロード投信の販売に乗り出す動きが一部で広
 がっている。インターネット取引や積み立て購入にサービスを限定したかたちだ
 けではなく、ここにきて販売員の手間や時間を要する対面販売でも、手数料無料
 の投信を販売する銀行が登場してきた。

■金融マーケティング
 野村証券、投信の新商品にマネープールを設定
 住友信託、国内株「目標設定型」の第3弾
 みずほ信託、8月にみずほ投信やピクテ投信など9本を販売停止
 京都銀、投信販売額がリーマンショック前の水準に回復
 紀陽銀、富裕層向け「遺言信託」の提案強化
 みなと銀、6月の月間販売額が前月比2倍に
             ……………………………………………………… 08

■コラム
 学校法人の "突然死"
             ……………………………………………………… 12

■プロダクツ&サービス
 フィデリティのUSハイ・イールド、1~6月の純設定が急増
 フコクしんらいの定額年金、第1四半期販売額が2.8倍
 マスミューチュアル、「元気な時」の年金額5割増の終身年金発売
 三井住友アセットがラジオで投資情報、経営関連で聴取件数3位
 国内初の原油先物ETF、8月3日に大証上場
 通貨選択型の合計残高、6月末で1兆円突破
             ……………………………………………………… 14

■インタビュー
 ラサールインベストメントのジェイコブソンCEOに聞く
 米英REIT価格は調整済み、実物不動産は投資機会拡大
             ……………………………………………………… 18

■確定拠出年金
 西武グループ3社、国内株で"バリュー"や"エコ"
             ……………………………………………………… 20

■政  策
 金融庁が金融税制室新設、税制担当課を一本化
 証券監視委、局長や課長クラス大幅入れ替え
             ……………………………………………………… 22

■投信を斬る
 ファンド解体新書 8 独自性を失った国内株アクティブ運用会社
             ……………………………………………………… 23

■運用ウオッチ
 投資が変わる市場が変わる [5] 内外アクティブ、運用不振の隠れた意味
             ……………………………………………………… 26

■海外特約
 史上最高ペースの株式発行、発行急増で落込むリターン
             ……………………………………………………… 29

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング――2009年6月の国内公募投信
             ……………………………………………………… 30

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年6月末)
             ……………………………………………………… 32

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年6月末)
             ……………………………………………………… 36

■コンフィデンシャル
 住友信託が日興アセット買収へ
 巨大運用会社か、それでも金融コングロマリット?憶測呼ぶ1000億円の投資
             ……………………………………………………… 48

No.56 ( 2009年07月13日 )

  
■ファンド情報 No.56(2009年7月13日)
 スペシャル  有事で増す存在感
 新販路 独立系アドバイザー
 ネット証券が描く青写真

 拡大か、撤退か――。独立系アドバイザーによる金融商品仲介ビジネスが新た
 な局面を迎えている。富裕層獲得のため、有人チャネル確保へ積極的にアドバイ
 ザーを取りこむインターネット証券が複数存在する一方で、抱えたアドバイザー
 を絞り込む大手証券。米国で花開いた独立系アドバイザーという名の巨大なリテ
 ール販売網だが、果たして日本で本格的に浸透する可能性はあるのだろうか。
 「危機後」を見据えた新チャネル戦略の今を追う。

■CLOSE UP
 復活の兆しみせる投信販売
 銀行窓販もそろり"守り"から"攻め"へ、
 「株価1万円回復」「弱気相場入り」後の揺れるシナリオ
             ……………………………………………………… 08

■インタビュー
 自民党 「日本の活力創造」 特命委員会座長 根本匠衆院議員に聞く
             ……………………………………………………… 10

■インサイト
 損保業界に迫る代理店大淘汰の足音
 保険ジャーナリスト インスプレス代表 石井秀樹
             ……………………………………………………… 12

■金融マーケティング
 岡三証券がラップ口座から撤退
 日興コーディアル、既存投信を多通貨選択型に
 極東証券、グローバルREIT投信の提案を強化
 チーム西川去って、金融庁閥が台頭
 水戸信金、積み立て投信の導入を検討
             ……………………………………………………… 14

■投信を斬る
 ファンド解体新書 7 外国REITファンド、高配当利回り狙いの代償
             ……………………………………………………… 17

■プロダクツ&サービス
 DIAM、旗艦ファンド「ハピクロ」の販売テコ入れ
 野村証券のローンビジネスがじわり浸透
 三菱UFJ投信の「グローバル・ボンド・ベーシック」、地銀に販路拡大
 大和投信のブラジル債券ファンド、6月の分配金720円
 ドイチェ・アセット、国内中小型株の運用体制見直し
 「劣後債投信」相次ぐ、東京スター銀はノーロードで販売
 アリアンツ生命・三宅社長兼CEOに聞く
             ……………………………………………………… 22

■確定拠出年金
 日野自動車、伝統資産の投信はパッシブのみ
 営業実績は考慮せず「運用数字こそが人格」
             ……………………………………………………… 28

■コンプライアンス
 [Q&&A 金融商品取引法の焦点]
 第16回 オフショアファンド(会社型)
             ……………………………………………………… 29

■政  策
 金融庁・三国谷長官体制スタート、3局長入れ替え 財金分離の原則後退
 保険募集のあり方で中間整理、金融庁ワーキング
 東証がETFの上場ルール改正、金銭信託型ETFの組成が容易に
             ……………………………………………………… 32

■海外特約
 BGIを吸収し、世界最大の資産運用会社となるブラックロック
 「成績の悪い投信を切り捨てないで」と要請する運用会社
             ……………………………………………………… 34

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年5月末)
             ……………………………………………………… 36

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2009年5月)
             ……………………………………………………… 47

■コンフィデンシャル
 J-REIT市場に復活の兆し
 大御所登場で官民ファンドは万全? 市場が抱える3つの爆弾
             ……………………………………………………… 52

No.55 ( 2009年06月22日 )

  
■ファンド情報 No.55(2009年6月22日)
 スペシャル  悩める銀行窓販
 新ビジネスモデルの勝算
 大手行がコンサル営業へ軸足

 世界的な景気底入れ期待から、投資信託の販売に回復の兆しが出てきた。しか
 し販売チャネル別に見ると、証券チャネルが絶好調なのに対し、銀行窓販の回復
 ペースは総じて鈍く、じわじわと販売シェアを落としている。一部の大手銀行は
 低迷する投信ビジネスのテコ入れのため、コンサルティング営業の強化策などを
 次々と打ち出した。各行が描く新ビジネスモデルの具体像とは何か。個別行の取
 り組みと課題に迫る。

■コラム
 潮目は変わるか     ……………………………………………………… 08

■CLOSE UP
 【富裕層市場の胎動(3)】 自由業編
 ポーカーとレストラン経営、20代で富を築くも税金対策で苦戦
             ……………………………………………………… 10

■金融マーケティング
 三菱UFJ証、JPモルガンのグローバルCBファンド採用
 いちよし証、国内の中小型株投信の当初募集で50億円
 信金業界、投信ネット販売システム導入
 水戸証、4カ月で短期豪ドル債投信130億円
 東京海上日動、代理店チャネル向け投信を販売
 HSBCが三井不などと新ローン提携、富裕層獲得の切り口に
 ゆうちょ銀にも求められる透明性、「かんぽ」の余波で
             ……………………………………………………… 12

■投信を斬る
 ファンド解体新書 6 忘れられた有力投信「グローバルCBファンド」
             ……………………………………………………… 16

■プロダクツ&サービス
 AIGインベストメンツ、「劣後債」を意識した新ファンド投入
 ネットは即日完売、ソフトバンクの個人向け社債
 原油先物に直接投資する初の国内投信
 住信アセットが国内株で環境ファンド
 ピクテ、シャープ次期社長に聞く
             ……………………………………………………… 20

■確定拠出年金
 興銀リース、パッシブ主体も国内株は「エコ」など用意
             ……………………………………………………… 24

■政  策
 2008年度の脱税、法人税が6割増
 上場企業の情報開示、大幅に拡充を
 改正金商法が成立、2010年から施行
             ……………………………………………………… 25

■運用ウオッチ
 投資が変わる市場が変わる [4]
  ヘッジファンド、不振極めた08年度の教訓
             ……………………………………………………… 27

■海外特約
 減配が続く中、有望な投資先を求める資産運用会社
 確定拠出年金の改革に乗り出したパトナムのレイノルズ社長
 「ストレステスト」の結果に動じないファイナンシャルアドバイザー業界
             ……………………………………………………… 31

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング──2009年5月の国内公募投信
             ……………………………………………………… 33

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年5月末)
             ……………………………………………………… 35

■データフラッシュ  III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年5月末)
             ……………………………………………………… 39

■コンフィデンシャル
 崩壊は必至か──過熱する "分配金バブル"
 証券主役のチキンレース 劇薬「定時解約」に普及の兆し
             ……………………………………………………… 52

No.54 ( 2009年06月08日 )

  
■ファンド情報 No.54(2009年6月8日)
 スペシャル  リテール激戦地・鎌倉
 メガが三つ巴の争奪戦
 リタイア層・オーナー需要で沸く

 金融危機の冷え切った強風に逆らうかのように、熱を帯び続けるリテールビジ
 ネスの激戦区が存在する。三井住友銀行が2月、満を持して「旧鎌倉」のメーン
 ストリート沿いに支店を構えた。同地は上場企業の役員やそのOB、企業オーナー
 などの高齢・富裕層がひしめくが、他行も認める「三菱の牙城」。みずほ銀行も
 得意の相続業務で顧客の囲い込みに懸命だ。有力顧客を奪い合うメガバンク3行
 の鎌倉支店の個別戦略を通じて高齢化したリテール市場における新しいビジネス
 モデルも浮かび上がる。

■CLOSE UP
 販売会社の研究・第12回 関東つくば銀行
 「マーケット語る」異色の地銀、国内株ファンド提案で底力
             ……………………………………………………… 08

■金融マーケティング
 千葉銀の09年度投信販売計画、13.7%減の650億円
 りそな銀、国内株・債券、J-REITのバランス型を採用
 大垣共立、毎月分配型の外債ファンドを拡充
 みなと銀、ハイイールド債投信とブラジル債投信を投入
 西日本シティ銀、運用コンサルの陣容を拡大
 ゆうちょ銀、分散投資の遅れが好決算を演出
 国際投信、元ドイチェの松尾氏ら採用………………………………………… 11

■投信を斬る
 ファンド解体新書 5 様変わりの上位陣、投信復活は本物か
             ……………………………………………………… 16

■プロダクツ&サービス
 住友生命が新定額年金、予定利率は業界最高水準1.14%
 ピクテ、毎月分配型の国内株ファンドで販社拡大
 日興アセットのグローバルREITが1000億円突破
 ニッセイ、「パトナム・インカム」を "再クローズアップ &;quot;
             ……………………………………………………… 18

■インサイト
 運用ノウハウの流出と情報開示 経済アナリスト 木下晃伸
             ……………………………………………………… 21

■コンプライアンス
 [Q&A金融商品取引法の焦点]
 第15回 新年度の当局検査
             ……………………………………………………… 22

■政  策
 FXの新規制が決着、金融庁譲歩──業界団体や投資家から反発も
 上場企業の社外取締役は選択制に、経産省研究会が提言
 監査人選定、経営陣から分離を 会計士協会が提言
             ……………………………………………………… 25

■確定拠出年金
 確定拠出年金専用ファンドの2008年度運用状況
 「純増額」年間首位の野村アセット、商品群拡充へ
             ……………………………………………………… 27

■運用ウオッチ
 投資が変わる市場が変わる [3] 「インフラ投資」ベータ拡大の処方箋
             ……………………………………………………… 30

■海外特約
 投資家をつなぎ止めるため奔走する金融サービス会社
 運用成績悪化で訴えられたオッペンハイマー債券ファンド
             ……………………………………………………… 32

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年4月末)
             ……………………………………………………… 34

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2009年4月)
             ……………………………………………………… 44

■コンフィデンシャル
 鳴り物入りのノーロード投信
 笛吹けど顧客は踊らず? 「対面販売」よもやの幕引き
             ……………………………………………………… 48

No.53 ( 2009年05月25日 )

  
■ファンド情報 No.53(2009年5月25日)
 スペシャル  現役世代獲得へ動く銀行販社
 積み立て投信の復権
 収益底上げ鮮明に、新商品も登場

 銀行窓販で投信の積み立てサービスが再評価されている。月に数万円ず
 つ小口で購入する顧客は、「貯蓄から投資」の流れに勢いがあるころは軽
 視されがちだったが、一括購入が滞る中、安定的な資金を呼び込むなど、
 強みを見せつけている。かねて積極的に取り組んできた東邦銀行や名古屋
 銀行では収益を底上げする効果を実感、ノーロード投信の提供や職域営業
 の活用など、新たに販売強化に乗り出す銀行も出てきた。


■CLOSE UP
 定期分配型ファンドの真実(4)
 再減配に踏み切ったニッセイ「スリーポイント」
             ……………………………………………………… 08
■コラム
 国民総背番号制を今こそ ……………………………………………………… 11

■金融マーケティング
 三菱東京UFJ銀行、投信販売の方針を全面的に見直しへ
 コスモ証券が終身や介護保険を取り扱い開始
 ゆうちょ銀、3メガ上回る投信販売網 身構える地銀
 都民銀、国内株投信とエマージング債投信追加
 東海東京、既存中国株投信の提案に本腰
 リテール力でメガしのぐ千葉銀、強さの裏側に覆面調査?
             ……………………………………………………… 12

■プロダクツ&サービス
 岡三アセットがショート活用の投信、実質組み入れ3割も
 国内初、HSBCがお子様版PBサービス
 シティバンクが豪ドル建て元本保証型の為替連動ファンド
             ……………………………………………………… 17

■投信を斬る
 ファンド解体新書 4 債券ファンドの実績格差は想定外か
             ……………………………………………………… 19

■確定拠出年金
 制度導入で金融商品・投資に興味が4割、加入者向け調査
             ……………………………………………………… 22

■コンプライアンス
 [Q&A金融商品取引法の焦点]
 第14回 クロスボーダーのインサイダー取引
             ……………………………………………………… 23

■政  策
 金融庁、東証のプロ向け市場認可へ
 公益法人の保険事業、退職金事業は原則保険業法の対象外
             ……………………………………………………… 28

■ワールドBIZ
 ファンドビジネス 米国最先端に学ぶ(13)
 金融危機下で存在感示すチャールズ・シュワブ
             ……………………………………………………… 29

■海外特約
 新型インフルの流行で生まれた「勝ち組」と「負け組」
             ……………………………………………………… 33

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング――2009年4月の国内公募投信
             ……………………………………………………… 34

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年4月末)
             ……………………………………………………… 36

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年4月末)
             ……………………………………………………… 40

■コンフィデンシャル
 広がる販売停止「変額年金の非常事態」
 終止符打たれた過当競争原点回帰へ最後の一手?
             ……………………………………………………… 52

No.52 ( 2009年05月11日 )

  
■ファンド情報 No.52(2009年5月11日)
 スペシャル  有事のヘッジファンド戦略
 "大衆化"目論むCTA
 脱・元本確保が鮮明に


 金融危機の戦火を逃れ、2008年も安定した運用成績を残したCTA(商品投資顧問)
 ファンドに、証券会社が熱い視線を寄せている。高リスクでボラティリティが大
 きいマイナス点を和らげるため、元本確保スキームが主流だったが、パフォーマ
 ンスをより享受するため、同機能を外したタイプが増殖。ポートフォリオ分散の
 ツールの1つとして、個人に根付かせ、"ポストグロソブ"の地位を狙う動きも出
 てきた。半面、手数料面での不透明さや今後の運用環境に対する見方には厳しい
 声も多く、個人への本格普及には課題も横たわる。

■インタビュー
 自民党・国際金融危機対応PT座長 柳沢伯夫・衆院議員に聞く
             ……………………………………………………… 10

■インサイト
 保険大国の流通変革、金融機関の試金石
 格付投資情報センター チーフアナリスト 植村信保
             ……………………………………………………… 12

■金融マーケティング
 ハートフォード生命 新規販売停止の波紋
 岡地証券、東証株を買収 証券界に衝撃
 ゆうちょ銀、投信ネット取引申し込み容易に
 横浜銀が営業部門などを集約、実態経済の悪化に対応
 証券ジャパン、戦略店舗を訪問型から来店誘致型に
 日本アジア証券が債券の販売を強化
 証券チャネルの投信販売底入れ? 野村4月販売額が昨年ピーク超え
             ……………………………………………………… 14

■プロダクツ&サービス
 国際投信がアジア優良株オープン、アジア債券・中国A株投信も検討
 アジア債券ETFが東証に重複上場へ、ステート・ストリートGA
 BCFSが投信提供を本格化
 新光投信が「売り」絡めた国内株投信、機動的に売り買い変化
 楽天投信、運用部長に農林中金の広木氏  危機逆手に人材確保
             ……………………………………………………… 20

■運用ウオッチ
 投資が変わる市場が変わる [2]
 投信の流動性リスク、リターン生まず被害拡大も
             ……………………………………………………… 23

■確定拠出年金
 2009年3月末商品販売残高
 投信残、野村が2位浮上 8グループが10%前後減少
             ……………………………………………………… 26

■政  策
 金融庁、FX規制で内閣府令改正へ
 第三者割当増資へ監視強化、証券監視委方針
             ……………………………………………………… 27

■海外特約
 銀行が抱える不良債権の「受け皿」狙うETF販売会社
 固定利率型年金商品の販売を絞る保険業界
             ……………………………………………………… 30

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年3月末)
             ……………………………………………………… 32

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2009年3月)
             ……………………………………………………… 42

■コンフィデンシャル
 日興買収を実らせた三井住友の執念
 モルスタ出資で始まった駆け引き 「共同持ち株会社」で第2ラウンド?
             ……………………………………………………… 48

No.51 ( 2009年04月27日 )

  
■ファンド情報 No.51(2009年4月27日)
 スペシャル  09年度上期 窓販戦略商品
 メガ・大手「保守回帰」鮮明に
 債券や定額年金などへ軸足


 リーマンショック以降、顕著になった窓販不振。メガバンクや大手行は現下の
 有事を打開すべく、もしくは逆手にとるために、2009年度上半期の戦略商品を練
 り上げている。"利率提示型"商品とも呼べる、債券や定額個人年金保険などを前
 面に押し出し、銀行顧客の「安全需要」に照準を合わせる。投資信託から年金へ、
 変額から定額へ――。保守回帰を鮮明にする銀行窓販の販売戦略を追う。

■コラム
 金融商品の消滅
             ……………………………………………………… 07

■金融マーケティング
 楽天証券が富裕層向けビジネスを強化
 インヴァスト証券とばんせい山丸証券が事業を交換
 藍沢証券、分配金150円の中国株ファンドが売れ筋に
 いちよし証券が中国株投信と日本国債投信を採用
 HSBC、3カ月物で年10%の仕組み預金を取り扱い
 韓国系銀行が社会貢献預金
             ……………………………………………………… 08

■インタビュー
 イーバンク銀行・国重惇史社長に聞く
 商品選定など投信業務で、楽天証との連携強化
             ……………………………………………………… 12

■プロダクツ&サービス
 ドイチェ・アセットが毎月分配型の債券ファンドへ軸足
 日興アセットが国内初の環境ETF
 独立系運用会社ニコラス・エドワーズが会社清算へ
 フォルティス、人民元建て投資の提供を強化
 フィデリティが国内株投信のキャンペーン
             ……………………………………………………… 15

■サーベイ
 第2回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から<最終回> 地域別
             ……………………………………………………… 19

■投信を斬る
 ファンド解体新書 3 「基本ファンド」が不振を招いた理由
             ……………………………………………………… 23

■確定拠出年金
 中国銀、08年度の運管受託件数が4年ぶりの高水準
             ……………………………………………………… 26

■コンプライアンス
 [Q&A金融商品取引法の焦点]
 第13回 特定投資家制度とファンドビジネス
             ……………………………………………………… 27

■政  策
 金商法改正案が衆院通過、横断的紛争処理機関など付帯決議
 金融庁がヘッジファンド規制のあり方見直し検討
 金融庁が検査マニュアル改定、利益相反のチェック項目新設
 金融審研究会、上場企業のガバナンス強化を議論
             ……………………………………………………… 31

■海外特約
 販売圧力を嫌いフィデリティを去った登録外交員
 ニューヨークの富裕層獲得を狙うウェルズ・ファーゴ
             ……………………………………………………… 34

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング――2009年3月の国内公募投信
             ……………………………………………………… 36

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年3月末)
             ……………………………………………………… 38

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年3月末)
             ……………………………………………………… 42

■コンフィデンシャル
 A株動乱が揺さぶる中国開放政策
 減速する当局の「QFII枠」認可 内にこもる巨大中華マネー
             ……………………………………………………… 56

No.50 ( 2009年04月13日 )

  
■ファンド情報 No.50(2009年4月13日)
 スペシャル  有事に広がる
 個人向け社債市場
 「銀証連携」の新・主戦場に


 金融危機により貯蓄から投資の流れが滞る中、個人向け社債市場が異例の拡大
 を見せている。発行体は社債投資に慎重な機関投資家に代わる資金調達先の確保
 を図っており、これが元本割れのリスクを回避しながら高めの利回りを狙う個人
 の運用ニーズと合致した。もっとも、両者をつなぐ販売会社にとって個人向け社
 債の販売は収益面では"おいしくない"ビジネス。それだけに販社が注力する背景
 には、単体商品の販売を超えた各社各様の綿密な戦略がある。

■CLOSE UP
 【富裕層市場の胎動 (2)】開業医編
 リーマンショックで急変した投資意識「増やすより残す」
             ……………………………………………………… 09

■金融マーケティング
 ゆうちょ銀、変額年金の販売員1400人体制へ
 ─REIT支援、つかみかねる国との距離感
 福岡銀がネット専用のノーロード国内株投信を取り扱い
 百十四銀、インターネット投信口座拡大へ
 徳島銀、投信・年金販売で上半期125億円を目指す
             ……………………………………………………… 12

■コラム I
 淘汰後のFX
             ……………………………………………………… 15

■インタビュー
 エフエックス・オンライン・ジャパンのガウ代表らに聞く
  証券会社へのCFDシステム提供を近日中に開始
             ……………………………………………………… 16

■プロダクツ&サービス
 岡三アセットがCTAファンド、運用手法分散の一環
 ベイビューがリテール事業拡大へ
 国際機関が国内でワクチン債、三菱UFJグループが引き受け・販売
             ……………………………………………………… 18

■確定拠出年金
 キングジム、金融危機受け3分の1を元本確保型に
             ……………………………………………………… 20

■政  策
 REIT合併時の課税要件明らかに、金融庁が再編後押し
 公示地価下落でREIT不振、焦る国交省
 生保協会が苦情・紛争処理機能を強化………………………………………… 22

■投信を斬る
 ファンド解体新書 2
 実績伴わないアクティブ投信、運用者の人事考課にも疑問符
             ……………………………………………………… 24

■コラム II
 窓販の倫理観      ……………………………………………………… 28

■サーベイ
 第2回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(7)
 取り扱い本数水準別   ……………………………………………………… 29

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年2月末)
             ……………………………………………………… 39

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2009年2月)
             ……………………………………………………… 49

■海外特約
 登録外交員と資産の流出が止まらないスミス・バーニー
 マドフの詐欺被害者が払った「幻」の儲け、税金の取り戻しは困難
 米景気回復の牽引役には弱すぎる資産運用業界
             ……………………………………………………… 53

■コンフィデンシャル
 大量発行時代を迎える地方債
 情報開示に戦々恐々 混乱さ中に「青い目」のライバル
             ……………………………………………………… 56

No.48 ( 2009年03月23日 )

  
■ファンド情報 No.48(2009年3月23日)
 スペシャル  仮想・政権交代
 民主が描く「貯蓄から投資」
 市場に交錯する不安と期待


 政権交代の可能性がささやかれている。仮に、民主党政権が誕生したら、「貯
 蓄から投資へ」の流れが後退、もしくは修正を余儀なくされるのか─。そんな不
 安感が窓販会社や運用会社などの間でくすぶる。「ファンド情報」では証券税制
 の優遇措置や日本版ISAなど市場z関係者の実務に直結するポイントについて民主
 党などを直接取材。民主党は投資関連の優遇税制を認めるのか、投資家保護のル
 ールは。同党の投資促進に対する基本戦略を探る。

■コラム
 販売スキルの十年一日  ……………………………………………………… 07

■金融マーケティング
 いちよし、変額年金に「運用期間短縮型」を導入
 三菱UFJ証、「ブラジル債券ファンド」が売れ筋首位に
 SMBCフレンド、「目標設定型」の新興国株投信を検討
 関東つくば銀、「目標設定型」投信を当初募集で10億円以上販売
 横浜信金、エコファンドなどの追加検討
             ……………………………………………………… 09

■プロダクツ&サービス
 日興AM、財産3分法ファンドの営業テコ入れ
 HSBC投信が中国株投信 高分配が視野
 グローバルリンクが中国株投信
 ありがとう投信、2月の新規口座が倍に
 多様化する運用会社の情報サービス
             ……………………………………………………… 12

■確定拠出年金
 運用悪化にも加入者の反応目立たず、協会調査
             ……………………………………………………… 15

■コンプライアンス
 [ Q&A金融商品取引法の焦点 ]
  第12回 ファンド販売・運用、「63条特例」で登録不要
             ……………………………………………………… 17

■政  策
 主要行や地銀へ金融庁が集中検査
 金融庁が「プロ・アマ」届出手続き見直し
 国交省、不動産鑑定業者検査
             ……………………………………………………… 21

■ワールドBIZ
 [ファンドビジネス] 米国最先端に学ぶ (12)
 リーマンショック後の投信事情、債券ファンド軸に復調の兆し
             ……………………………………………………… 24

■インサイト
 投資信託の価値再考
 日本経済新聞社 ヴェリタス編集部 編集委員 前田昌孝
             ……………………………………………………… 30


■運用ウオッチ
 投資が変わる市場が変わる[1]
 相関急上昇の必然、収益源泉の栄枯盛衰
             ……………………………………………………… 32

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング─2009年2月の国内公募投信
             ……………………………………………………… 35

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年2月末)
             ……………………………………………………… 37

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年2月末)
             ……………………………………………………… 42

■海外特約
 伝統的SMAを食う勢いのファンドラップ
 景気停滞時は小規模ファンドが有利?
             ……………………………………………………… 54

■コンフィデンシャル
 吹き荒れる逆風相場 ほどけた窓口販路網
 外資と地銀の蜜月いずこ 危機で色めく古豪販社
             ……………………………………………………… 56 

No.47 ( 2009年03月09日 )

  
■ファンド情報 No.47(2009年3月9日)
 スペシャル  野村証券が本格展開
 変額年金「全面戦争」の深層
 "眠れる鉱脈"年金・相続需要

 沈滞感が漂う運用環境下で、変額年金市場が静かに活気づいている。投信の代
 替商品として運用益を追求する従来型が次第に影を潜め、相続や年金需要に焦点
 を当てた商品群が存在感を強めている。メガバンクや地銀を軸とした販売網に、
 野村証券をはじめとする証券、さらに信託銀行が参画する3つどもえの展開が本格
 的に繰り広げられ始めた。再スタートを切った変額年金の可能性と限界とは。前
 線に迫る。

■コラム
 投信業界「葵のご紋」  ……………………………………………………… 8

■金融マーケティング
 ゆうちょ銀、09年度投信販売3~4割減へ
 楽天証券、単位型の販売参入へ
 日興コーデ売却、三井住友が1回目の入札で最高値
 栃木銀、約2年ぶりに投信の品ぞろえを拡充
 SMBCフレンド証券、外債販売の主力はランド建て債
             ……………………………………………………… 10

■投信を斬る
 ファンド解体新書 I
 債券投信 露呈された「主役の実力」、問題噴出の理由
             ……………………………………………………… 13

■プロダクツ&サービス
 広がる為替ヘッジ付き投信  "円安派" 国際投信も投入
 ニッセイアセット、日本勝ち組ファンドで販路急拡大
 REIT価格、解散価値の0.4倍が半数
             ……………………………………………………… 18

■インタビュー
 リクソーのETFグローバル・ヘッドに聞く
 欧州ETF市場で個人顧客が増加、日本市場でアジア株関連を拡充
             ……………………………………………………… 20

■確定拠出年金
 個人型の加入対象拡大、厚労省が引き続き要望
 確定拠出年金改正法案、閣議決定
             ……………………………………………………… 22

■政  策
 CFD、顧客資産の分別管理義務化 FXも見直し
 金商法改正法案を国会提出 商品市場の活性化など
 内閣府令改正で目論見書制度見直し、金融庁検討
 銀行以外の為替取引に上限、資金決済法で自民合意
 地価動向調査ほぼ全地点で下落、投資ファンド撤退 買い手つかず
             ……………………………………………………… 23

■コンプライアンス
 [Q&A 金融商品取引法の焦点]
 第11回 商品投資顧問業
   ライセンスは許可制、行為規制やその適用除外に差異 ……………… 27


■サーベイ
 第2回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(6)
 預かり資産残高水準別  ……………………………………………………… 32

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2009年1月末)
             ……………………………………………………… 41

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2009年1月)
             ……………………………………………………… 50

■海外特約
 UBSファイナンシャル・サービス社売却の噂
 失意の顧客の取り込みで忙しい金融アドバイザー
 大きく資産を減らす運用会社…………………………………………………… 54

■コンフィデンシャル
 みずほ銀が投入、劇薬のノーロード投信
 「価格破壊」はソロバンずく ビジネス転換の荒療治
             ……………………………………………………… 56

No.46 ( 2009年02月23日 )

   
■ファンド情報 No.46(2009年2月23日)
 スペシャル  為替リスク恐怖症の処方箋
 始まった外債ファンド開発競争
 円高・金利低下が招く新投信地図


 円高と先進国の金利低下――。リーマンショック後の投資環境の急変で、個人
 向け投信の主役「外債ファンド」が苦境に立たされている。この逆境を好機に変
 える新商品を開発しようと、水面下の動きが激しくなってきた。キーワードは為
 替リスクの管理と高い金利収入の確保。社債投信や新興国債投信で、これまで脇
 役だった為替ヘッジ付きが「為替リスク恐怖症」の顧客を取り込もうと攻勢をか
 ける。投信業界の危機を救うスターファンドは誕生するのか?

■ロングインタビュー
 国際投信・山内副社長に聞く
 グロソブに付きまとう "預金感覚" 払拭に意欲
             ……………………………………………………… 09

■コラム
 学校運用の病巣     ……………………………………………………… 13

■金融マーケティング
 福岡銀、国内株投信が4カ月連続で販売件数首位
 きのくに信金、定額個人年金保険が売れ筋に
 いちよし証、分配金引き下げ後のグロソブ流出は限定的
 エフピーインテリジェンス、金融危機で顧客増
             ……………………………………………………… 15

■プロダクツ&サービス
 三菱UFJ投信、為替ヘッジ付き外債投信など提案強化
 大和住銀、環境関連企業に投資する投信設定へ
 ディー・ブレイン証券、産官学のファンド立ち上げへ
 キャピタル、日本株投信を設定へ
             ……………………………………………………… 17

■販社インタビュー
 販売会社が「手本にする」販売会社(4)
 三井住友銀行の奥敦之・コンサルティング事業部長に聞く
             ……………………………………………………… 20

■確定拠出年金
 運営管理機関の顧客評価、他社情報や費用面で不満  NPO調査
             ……………………………………………………… 23

■政  策
 国交省が不動産市場の新研究会、リスク管理のガイドライン模索
 金融庁、株主総会の議決公開について検討開始
             ……………………………………………………… 24

■ストラテジー
 ファンド戦略ここがポイント![28]
 分散投資の危機、「インフラ投資」に活路
             ……………………………………………………… 27

■海外特約
 マネージド・ペイアウト・ファンド、最悪の船出
 175人のワコビア社員を解雇したウェルズ・ファーゴ
 バンカメへの資金追加注入でボーナス停止を心配するメリル営業マン
             ……………………………………………………… 31

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング――2009年1月の国内公募投信
             ……………………………………………………… 34

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2009年1月末)
 野村「マイストーリー」が1兆円割れ
             ……………………………………………………… 36

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2009年1月末)
             ……………………………………………………… 40

■コンフィデンシャル
 50年に1度の「出物」、日興コーデはどこへ行く
 絡み合う駆け引きとスキャンダル そして誰も買わない!?
             ……………………………………………………… 52

No.45 ( 2009年02月09日 )

  
■ファンド情報 No.45(2009年2月9日)
 スペシャル  "相場の底"に勝機
 傍流『単位型』の隆盛
 増殖し始めた目標設定型

 当初設定前の一定期間にだけ、顧客の資金を募る単位型投資信託。追加型が主
 流となった現在では、傍流と見なされがちなジャンルで、販売構図の変化が起き
 ている。広がりが目立つのが株式を投資対象とし、基準価額が一定水準上昇した
 ら繰上げ償還する「目標設定型」。これまでは相場の底で証券会社が投入する色
 彩の強い商品を、銀行が積極的に取り扱い始めている。りそな銀行は目標設定型
 の投入と同時に、相場感に基づき商品提案する証券会社の販売スタイルも取り込
 み始めた。

■インサイト
 「分かったようで分からない」金融会話の危うさ
 キャスター 生島ヒロシ ……………………………………………………… 08

■インタビュー
 販売会社が「手本にする」販売会社(3)
 千葉銀行の市原克巳・執行役員に聞く
             ……………………………………………………… 09

■金融マーケティング
 野村証券、富裕層向けコンサルティングを強化
 茨城銀、日経平均株価割安感対応のリスク軽減型
 みずほ銀が3メガ銀初のノーロード型投信
 水戸証券、金融危機下でファンドラップ投入
 独立系FP事務所ノースアイランド、金融危機で顧客拡大
 楽天証券のETF、1月はブラジル株投資が売買高首位
 横浜銀、「スリーポイント」の売れ行き落ちず
             ……………………………………………………… 12

■プロダクツ&サービス
 マニュライフ、カナダ株投信を投入
 大和投信、BRICsに再注目の投信設定へ
 アブラハム・グループHD、「ゆかしメディア」を立ち上げ
 ユナイテッド投信、旗艦投信をリニューアル
             ……………………………………………………… 16

■コラム
 蘇る投資銀行      ……………………………………………………… 20

■サーベイ
 第2回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(5)
 信金・信組などからの評価 …………………………………………………… 21

■確定拠出年金
 ナルミヤ・インター、サービス会社に損保ジャパン系を起用
 低コストとシンプルな商品提案が決め手
             ……………………………………………………… 27

■政  策
 中古住宅の取引価格示す指数を開発、国交省と早大
 連合が投資ファンド規制を提言
 東証、「プロ向け市場」上場ルール案
 政府が金融審の新委員を任命
             ……………………………………………………… 28

■ストラテジー
 ファンド戦略ここがポイント![27]
 ヘッジファンドに横たわる「流動性リスク」
             ……………………………………………………… 32

■海外特約
 メリル、モルガン、スミス・バーニー、稼がない証券外務員の報酬カットへ
 マドフ・スキャンダルに業界の強い対応求めるファイナンシャル・アドバイザー
 史上最高になりそうな投信の清算
             ……………………………………………………… 36

■データフラッシュ I 
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2008年12月末)
             ……………………………………………………… 39

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2008年12月)
             ……………………………………………………… 48

■コンフィデンシャル
 新監督官庁「消費者庁」の誕生前夜
 変額年金・投信の根深いトラブル 消費者行政と民主がついにメス?
             ……………………………………………………… 52  

No.44 ( 2009年01月26日 )

  
■ファンド情報 No.44(2009年1月26日)
 スペシャル 主役は企業オーナー
 株安で沸く富裕層市場 相続対策で証券走る

 金融危機に伴う株価下落が金融窓販にダメージを与えている一方で、富裕層市
 場が静かに活気付いてきた。企業オーナーなどが保有する自社株式の評価額が下
 がった今、相続準備を進めるチャンスが到来している。株式公開などで企業オー
 ナーと強いパイプを持つ証券会社は資産管理会社の設立などで相続準備をサポー
 ト。さらに医師の紹介や企業の取引先開拓を手伝う「ビジネスマッチング」など
 多様なサービスを展開する。公募の投資信託以上の市場規模を持つともいわれる
 富裕層市場、その実態を追う。

■インサイト
 2つのリスクと投信新商品
 フィデリティ退職・投資教育研究所 所長 野尻哲史
             ……………………………………………………… 07
■CLOSE UP
 定期分配型ファンドの真実(2) グロソブが8年ぶりに分配金下げ
             ……………………………………………………… 08

■インタビュー
 販売会社が「手本にする」販売会社(2)
 広島信用金庫の隠居一男・常務理事に聞く
             ……………………………………………………… 10

■金融マーケティング
 三菱UFJ証、単独で「アジソブ」208億円
 藍沢証、ブル・ベア型国内株投信が売れ筋に
 ゴールドマンの毎月分配外債投信、採用相次ぐ
 関西アーバン銀が投信販売ロールプレイング
             ……………………………………………………… 13

■プロダクツ&サービス
 HSBC投信・松田宇充社長に聞く
 野村アセット、通貨選択ハイイールドと南アのブル・ベアを1月に
 グローバルリンク、ベトナム株ファンド立ち上げ
 アイエヌジー生命が研修センター
             ……………………………………………………… 15

■サーベイ
 第2回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(4)
 証券会社からの評価    ……………………………………………………… 19

■確定拠出年金
 運用商品の変更、リーマン破綻前の5倍に拡大
 08年11月以降は投信買い顕著
             ……………………………………………………… 25
■コンプライアンス
 [ Q&A金融商品取引法の焦点 ] 第10回 当局検査「行政処分」
             ……………………………………………………… 26

■政  策
 銀証規制改革で金融庁が内閣府令、顧客情報の利用を属性別に
 金商法改正案固まる、ADR導入など盛り込む
 国交省「まちづくりの協定」を法律で担保、投資ファンドには負担増か
 確定拠出の従業員掛け金、2010年1月から
             ……………………………………………………… 29

■コラム
 失われた緊張感
             ……………………………………………………… 33

■ストラテジー
 ファンド戦略  ここがポイント![26]
 縮小するヘッジファンド、淘汰が進めるインフラ整備
             ……………………………………………………… 34

■海外特約
 労働者解雇はファイナンシャルアドバイザーの稼ぎ時か
 富裕層の外部紹介部門を廃止したフィデリティ、関連スタッフの大半解雇
             ……………………………………………………… 37

■データフラッシュ I
 「当初設定額」ランキング――2008年12月の国内公募投信
             ……………………………………………………… 39

■データフラッシュ II
 投資信託の純資産総額の上位(2008年12月末)
             ……………………………………………………… 41

■データフラッシュ III
 投資信託の純資産増加額の上位&下位(2008年12月末)
             ……………………………………………………… 45

■コンフィデンシャル
 大学の運用をえぐった駒大騒動のつめ跡
 あつものに懲りて「定期預金」 決算対策で雲隠れ?
             ……………………………………………………… 56 

No.43 ( 2009年01月12日 )

  
■ファンド情報 No.43(2009年1月12日)
 スペシャル  円高と金利低下が直撃
 毎月分配型外債ファンドの憂鬱 『グロソブ』分配金引き下げ目前に

 安定したキャッシュフローを欲する高齢者などの心をつかみ、預貯金に固まって
 いた個人マネーを投資信託に吸い寄せた功労者でもある毎月分配型外国債券ファ
 ンド。運用環境の悪化により、一転、分配金引き下げが避けられない状況に追い
 込まれた。同ジャンルの代名詞とも言うべき「グローバル・ソブリン・オープン」
 でも、8年間続いた分配金の引き下げが目前に迫る。個人の生活に深く食い込むよ
 うになった投信の「分配金」。その決定プロセスや情報開示体制には、いまだ不
 透明な要素も多い。分配金にスポットを当て、定期分配型ファンドの中身をシリ
 ーズで解剖していく。

■コラム
 もう一歩先の分散投資
             ……………………………………………………… 12
■インタビュー
 販売会社が「手本にする」販売会社(1)
 野村証券の柏樹康生・執行役員 投資サービス本部担当に聞く
             ……………………………………………………… 13

■金融マーケティング
 りそな銀、09年は国内株投信を戦略商品に
 マネックス、独自投信の拡充を検討
 ひまわり証券、FXでシステム取引サービスを提供
 元IPO証券メンバーが独立
 FXオンラインジャパンがCFD、年間1.5万口座獲得計画
 コスモ証、大証参入にらみ大阪軸にFX店舗拡大へ
             ……………………………………………………… 15

■プロダクツ&サービス
 BNYメロン、新たな好配当株投資の提案を検討
 ピクテが日本トップ企業30銘柄超に限定投資
 コモンズ投信、直販「コモンズ30ファンド」の募集を開始
 日興アセットが販売員向け支援ツール拡充
             ……………………………………………………… 19

■ストラテジー
 ファンド戦略ここがポイント![25]
 海外投信        ……………………………………………………… 22

■確定拠出年金
 運用利回り、マイナスが多数派に 4割の元本確保組は0~1%
             ……………………………………………………… 26

■サーベイ
 第2回『窓販会社実態調査・投信会社満足度調査』から(3)
 銀行からの評価     ……………………………………………………… 27


■政  策
 不動産市場データベース、09年度中に立ち上げ
 金融庁、09年度は68人増員 海外連携の総括審議官も設置
 文科省、学校法人の運用で自己点検要請
             ……………………………………………………… 34

■ワールドBIZ
 ファンドビジネス米国最先端に学ぶ (11)
 「ファミリーオフィス」運用軸にサービス幅広く
             ……………………………………………………… 36

■データフラッシュ I
 投資信託の運用成績「ベスト」&「ワースト」(2008年11月末)
             ……………………………………………………… 41

■データフラッシュ II
 投資信託の月間資金純増額(2008年11月)
             ……………………………………………………… 50

■海外特約
 注目されるマルチアセット・ファンド
 ファンドマネジャーも2009年はボーナスカット必至
 借入金割合の高いREITへの不安が高まる
 保険株の売りに転じた投資アドバイザー
             ……………………………………………………… 53

■コンフィデンシャル
 FX"大淘汰時代" の幕開け
 「最高益」に隠れたカラクリ 大証参入でメジャー街道?
             ……………………………………………………… 56