ファンド情報 目次リリース 2006年

創刊前号Ⅱ ( 2006年12月20日 )

  
■ファンド情報 創刊前号Ⅱ(2006年12月20日)
 金融窓販戦国時代
 メガバンク3行の投信・個人年金戦略 …………………………………………………… 2

■インサイト
 どこまで変わったのか 日本経済新聞社 編集委員 前田昌孝 ……………………… 7

■クローズアップ
 日本郵政公社 ………………………………………………………………………………… 8
 営業・投信部グループリーダーに「商品選定」を聞く

■販売会社
 投信SCが商品拡充、年度内600本へ
 新生銀のネット保険販売、40歳代中心に需要取り込み
 楽天証券、商品ファンド・REITなど追加
 三菱UFJ証券がドル建ての満期時元本確保型ファンド
 「短期債特化」の外債ファンド、有力地銀が触手 …………………………………… 11

■コンプライアンス
 詳報  ………………………………………………………………………………………… 14
 金融商品の最新苦情トレンド

■確定拠出年金
 エスエス製薬、保障機能から損保型GICに関心
 サンデン、すごろく使って〝超初心者〟向け投資教育
 SRIファンド、確定拠出年金向け販売3倍に     …………………………………… 15

■インタビュー
 大和住銀「グローバル好配当株オープン」ファンドマネジャーに聞く……………… 17

■プロダクツ&サービス
 アクサ、私募と外国籍で残高拡大
 野村アセットがマルチ・チャネル積極化
 ラッセルの個人向け投信、証券などから地銀に拡大
 目論見書の存在意義
 ピクテ、ブランド企業投資ファンドで販路拡大   ……………………………………18

■機関投資家
 滝野川信金の資産運用、CDO・CMBSなどが45%に
 米法律事務所が投資先訴訟サービス         ……………………………… 21

■政策
 金融商品の手数料や開示方法を整備へ
 金融庁、金商法施行前に金融機関の監督強化 ……………………………………………22

■データフラッシュ
 投信の運用成績ランキング 「ベスト&ワースト」 …………………………………… 25

■海外事情
 史上最大のヘッジファンドは成功するか?
 運用会社と投資銀行が開発した新投資戦略  …………………………………………… 30

■コンフィデンシャル
 保険窓販「全面解禁」前夜
 変容する変額年金の〝売れ筋〟 セールストークの本末転倒 ………………………… 32     

創刊前号Ⅰ ( 2006年11月27日 )

  
■ファンド情報 創刊前号Ⅰ(2006年11月27日)
 スペシャル 急増投信「グロイン」の深層 ……………………………………………… 2

■クローズアップ
 ベトナム・ファンドの静かなブーム、ファンド群は多種多様に ……………………… 8

■窓販会社
 北陸銀、フィデリティ外株ファンド採用 5ファンドの新規販売中止
 城北信金、職員研修徹底で投信販売急増 販売目標を年100億円超に>
 郵政公社の販路多様化 店頭・ネット商品の差別化も
 岩手銀、「売れ筋」バランス型で追加検討 株や不動産の配分で差別化
 八千代銀行、ネットでの投信販売強化 専用投信の追加や手数料下げも
 岡崎信金のハートフォード・変額年金採用事情            ……………10

■確定拠出年金
 コスモスイニシア、自社の確定拠出年金向けにREIT視野
 個人型確定拠出の人口比加入者数、秋田県が首位
 確定拠出年金専用投信、300億円ファンドが3本に
 すかいらーくの自社株ファンドなど償還        ………………………………14

■プロダクツ&サービス
 新光証券がラップ口座の新サービス
 三菱UFJ投信、レンディング拡充信託報酬分を穴埋め
 大和証券G、3種類のFOFを組成・提供        ………………………………… 16

■機関投資家
 教職員生協、国内株の運用会社を選考へ
 金融機関、新BIS規制でファンド解約加速も ……………………………………………18

■政策
 自民財金部会、2つの証券税制要望を決定
 共済生協に代理店業務、利用者保護規定も ………………………………………………19

■データフラッシュ
 投資信託の運用成績ランキング 「ベスト&ワースト」 ……………………………… 20

■海外事情
 多様化するグローバル・エクイティ・インデックス ……………………………………27

■コンフィデンシャル
 「ラップ口座」の規制緩和論議が急浮上
 証券各社は戦々恐々? 眼前に迫る“異種格闘技戦” …………………………………28